雑誌
「東電任せでは10万tの汚染水が流出!」
原発を豪雨が襲う
放水車を使い、1号機のタービン建屋の屋根や壁に放射性物質の飛散防止剤を散布する。放射性物質の拡散は、流出した汚染水により海にも広がっている(東京電力提供)

「死にに行くようなもの」水浸しの建屋内を作業員がそう語る中、東電の対策は土嚢積みというお粗末さ。いつまでたっても「循環冷却」にたどり着けない!

 東京電力(以下、東電)は、5月18日に福島第一原発の汚染水の総量が10万tに及ぶと発表した。これだけ大量の汚染水で溢れかえる福島第一にとっては、恐ろしい予報だろう。6月以降、梅雨や集中豪雨、台風などにより、激しい雨に襲われることになりそうなのだ。

 気象業務支援センターの専任主任技師・村山貢司氏が解説する。

「東北地方は6月上旬には梅雨入りし、例年より雨量が多く、雨期も長くなりそうです。8月以降は、特に注意が必要でしょう。北冷西暑型という気圧配置になり、東北や関東で局地的な大雨に見舞われる可能性が高いのです。福島でも1時間に100mmを超えるような、猛烈な雨が降るかもしれません。台風や低気圧の動きはある程度予測できますが、ゲリラ豪雨は数時間前にならないと予測不能です。常に空模様を警戒していないと、大きな事故を引き起こすことになります」

 大量の放射性物質を放出する福島第一に降り注ぐ雨は、そのまま汚染水となって敷地内に溜まる。これまで多くの汚染水問題を起こしてきた福島第一だが(次ページ表参照)、〝豪雨の季節〟を迎えさらなる危機に直面しているのだ。

 現に台風2号の影響で大雨となった5月30日には、1号機原子炉建屋地下1階の汚染水の水位が、前の日から198mm上昇している。福島第一で働く作業員たちも、増える一方の汚染水を恐れ、作業が滞り始めていると言う。東電の協力会社で働く吉岡和久さん(30代、仮名)が明かす。

「5月30日の早朝、元請け(親会社)の所長から『今日の仕事は急きょ中止にすっから』と連絡が入ったんです。所長は中止の理由を言いませんでしたが、おそらく建屋内に雨水が溜まり、作業どころではなくなったのでしょう。

 俺たちは内心ホッとしました。5月に入ってから少しずつ建屋内の作業が増えたのですが、床は水浸しで、天井からは不気味な水滴がポタポタ落ちてくる凄まじい状況なんです。

 作業員が待機する免震重要棟と呼ばれる建物に貼り出された『汚染水マップ』では、4号機のタービン建屋地下はほぼ水没したことが示されていました。所長からは、『4号機の地下には絶対に近づくんでねぇ』と言われています。

『汚染水マップ』には、1号機の溜まり水から1000ミリシーベルト以上の放射線量が計測されたことも記されていました。これは、作業員の年間被曝限度量250ミリシーベルトの4倍に相当するほどの凄まじい線量です」

 吉岡さんによると、建屋内での仕事を拒否する作業員もいるという。

「そんな地獄のような環境で、誰が働きたいと思いますか。肌が水にじかに触れただけで、大量被曝し命を失うかもしれないんですよ。死にに行くようなものでしょう。

 中には、被曝を恐れて会社を辞めた作業員もいます。現在でもあちこちに溜まった汚染水を避けながらの仕事で、作業は遅々として進んでいません。大雨が降ったら、足場はさらに悪くなります。仲間内では『雨が多くなり汚れた水が増えたら、被曝する前に職場放棄するべ』と半分真剣に話しているんです」

巨大タンカーで輸送せよ

5月21日に、福島第一に到着したメガフロート。汚染水を受け入れる容量は1万t〔PHOTO〕東京電力提供

 作業員がこれほど恐れる汚染水。これから来る梅雨や台風に備え、東電はどのような対策を立てているのだろうか。

「資材が飛ばされないようにシートを被せることを徹底し、建物内に雨水が流入しないよう(周囲に)土嚢を積みます。屋根のない建屋では、水位の変動をしっかり監視し対応する所存です」(広報部)

 開いた口が塞がらない・・・。東電は本気で、豪雨をシートと土嚢で防げると思っているのだろうか。京都大学原子炉実験所の小出裕章助教が憤る。

「土嚢を積むなどとお粗末なことを言う前に、東電は溜まった汚染水を除去する方法を考えるべきです。核燃料は冷却しなければなりませんが、現在のように外から注水を続けていると、その水がそのまま汚染水になってしまいます。大量の雨が降れば、汚染水の量はさらに増えます。最も重要なのは、外から水を入れるのではなく、原子炉内の大量の水を循環させて核燃料を冷却するシステムを早く確立することなのです。

 しかし循環冷却回路を設置するには、まず現在ある汚染水を除去しなければなりません。放置していては放射線量が高すぎて、作業は効率的にできず、工事は進まないでしょう。10万tにのぼる福島第一の汚染水は集中廃棄物処理施設や仮設タンクに少しずつ送られていますが、その容量は1万~2万tしかないうえ、ほぼ満杯に近づいています。早急に、新たな汚染水の保管場所を確保すべきです」

台風の影響で雨の中、福島第一から20㎞圏内の検問にあたる警察官。5月30日撮影〔PHOTO〕香川貴宏

 5月31日には、ようやく2号機で循環冷却が稼動し始めたが、それは核燃料プールの水を循環して冷やす限られたものに過ぎない。5月21日に投入された「メガフロート」と呼ばれる鋼鉄製の人工島も、保管できるのは低濃度の汚染水に限られ、容量は1万tほどなのだ。小出助教は、「もっと大きな汚染水の移送場所が必要」といい、次のように続ける。

「メガフロートなどでは、とても対応しきれません。私は、10万tの容量のある巨大タンカーを使うべきだと思います。タンカーに汚染水を入れ、新潟県の柏崎刈羽原発に持っていくのです。柏崎刈羽には廃液処理装置があるので、汚染水を浄化することができます。

 もちろん汚染水を積んだタンカーは二度と使えませんが、今はそんなことを言っている状況ではないでしょう。タンカーを1~2隻潰すくらいの覚悟が必要なんです。私は2ヵ月も前からタンカーの使用を訴え続けていますが、東電はまったく動こうとしない。彼らに任せていては、いずれ福島第一の10万tの汚染水は、外部に流出してしまうかもしれません」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら