いまこそ、「平成の適塾」が必要だ
大阪で始まった「科学者維新塾」の可能性

 大阪に「科学者維新塾」という集まりがある。

 理系の博士号を取得して研究者になるのではなく、政治家やジャーナリスト、作家やプロデューサーなど知見を活かした職業に就くにはどうしたらよいかを考える勉強会である。月に一度、こうした分野から講師を呼んでいる。

 大阪大学工学部の河田聡教授が中心になって昨年から始めた。河田教授はナノテクの学者であり、理化学研究所の主任研究員も兼任しているが、大学と社会の間にある「壁」を取り除くことを常に考えている。

 そうした発想の中から生まれた塾だ。筆者も2年連続で講師に呼ばれた。塾生は阪大の院生が中心だが、他大学からも集まっている。

 この塾の志は、幕末に大阪にあった「適塾」を思わせる。

 医者である緒方洪庵が開いた「適塾」は当時、国内では最先端の学問であった「蘭学」を学ぶ塾であり、医学塾でもあった。塾生からは日本赤十字社を創設した佐野常民、五稜郭に立てこもった幕府医師の高松凌雲ら医学関係の道に進んだ者も多く輩出している。

 慶応義塾大学を創設した福澤諭吉や、幕府陸軍奉行を務めた後に新政府に重用された大鳥圭介、官軍を率いた長州の大村益次郎らもOBである。大村益次郎が主人公となった司馬遼太郎氏の小説「花神」を読むと、この適塾のことが描かれている。

 それにしても、なぜ医学塾から多士済々の人材が生まれたのであろうか。筆者の推測だが、師匠である緒方洪庵は自分が教える学問に塾生を束縛するのではなく、その学問を利用して一歩先を行けと教えていたからではないだろうか。

 その証拠に福澤諭吉は適塾で「塾頭」まで務めた蘭学の達人ながら、後に江戸に居を構えると、蘭学を捨て、英語の習得に取り掛かった。おそらく、蘭学を通じて世界の情勢を学び、オランダではなく英国が世界の一流国であることを知っていたからであろう。

 各種文献によると、実際の適塾の運営方法は厳しい競争主義が導入され、月に6度の試験があり、オランダ語の書籍を訳す力によって階級があった。医者としての倫理観の重要性も説き、人間性教育を重視した。緒方洪庵はわずかな学費しか取らず、医業で稼いだ収入を塾の運営に充てていたという。そして塾生は種痘対策などの社会問題にも取り組んだ。

 おそらく適塾では、同世代の若者が寝食をともにして切磋琢磨し合い、偉大なる師匠から薫陶を受け、感化される場であったに違いない。単なるスキル教育の場ではない。吉田松陰の松下村塾も同じような場だったのではないか。

教育機能を失った大学

 本来、大学とは適塾や松下村塾のように、寝食をともにし、切磋琢磨しながらもお互いを認め合い、世の中で自分は何ができるのか、あるいは何をすべきなのかを考えることができる自立的な人材を養成する場である。

 しかし、筆者の見る限り、今の大学はスキル教育を重視し、就職さえできればいいといった感さえある。学生も就職に役に立つか否かが行動基準になっている。大学を出ても就職がないという厳しい雇用情勢がこうした方向に進めていることは否定できない。

 そして、今の大学は設備も立派になり、IT環境も整っているが、肝心の「師匠」がいないことも、大学本来の機能を低下させている。ソフトウエアが欠落しているのだ。

 自分の専門分野(学会)内でのある種の利権(学会や大学内での人事や予算)獲得には興味があるが、教育には興味がない先生もいる。ある大学では、教育に力を入れている教員のことを「あなたは研究者ではなく、教育労働者ですね」と蔑みの言葉で呼んでいると、聞いたこともある。

 「科学者維新塾」はまだ小規模で、わずかな会費で運営されている。この塾のOBが社会で活躍し、大学の枠を超えた存在感を示すことができるようになれば、日本の大学教育に大きな風穴を開けることになるのではないかと思っている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら