経済の死角

すき家 小川賢太郎社長が語った「外食日本一への道」

ビジネス最前線
東大中退後、吉野家時代を経て33歳で創業

2010年06月20日(日) FRIDAY
friday
upperline
長身で筋肉質な体格に、豪放磊落な性格という小川社長。スポーツマンでベンチプレスでは135キロを上げる〔PHOTO〕船元康子

「外食日本一? まだまだ4合目だよ」

 本誌の直撃に対し、そう言って豪快に笑うのは、牛丼店『すき家』チェーンを展開するゼンショーの小川賢太郎社長(61)だ。ゼンショーと言えば、昨年12月に牛丼並盛を280円という破格の安さで提供して、"牛丼御三家"の松屋、吉野家とともに"牛丼大戦争"を繰り広げた話題の企業。

 今年4月には、さらに30円値下げした期間限定の「250円牛丼」を投入。専門家の間では意味のない"消耗戦"と揶揄する声もあった。しかし、ゼンショーは、約89億円の大赤字となった吉野家とは対照的に、好業績を叩き出したのだ。

 5月に発表された'10年3月期の決算では、連結売上高が7.7%増の3342億円と過去最高を記録。来期予想はさらに、10.3%増の3685億円。これが実現すれば、外食最大手である日本マクドナルドホールディングスの連結売上高予想3130億円を超え"外食日本一"になるのだ。

「他社との比較は意味がない。当社は今、富士山にたとえるなら、樹海を抜けて、ようやく5合目の踊り場が見え始めたところ。樹海の中で迷わず、遭難もせずに進むのは大変なこと。それをなんとか切り抜けたにすぎない」

 33歳でゼンショーを創業し、約30年で傘下企業37社の一大グループを作り上げた小川社長。ユニークな経歴と行動力で、業界の異端児として知られる同氏の"素顔"に迫った。

500万円で始めた弁当屋

 東大を3年で中退した小川社長は、それから10年ほどたった'80年頃、4人の仲間とともに起業を決意する。起業の理由は、ずいぶんとブッ飛んだものだった。

「人類が直立歩行してから400万年経つが、皆がまともに食えたことはない。現代でも十数億人が飢えている。では、地上から飢餓と貧困をなくすには、どうすればいいか。食に関わる企業を作り、世界一になればいいと考えた。カネはなかったが、志だけは高かった」

次ページ  '82年に資本金500万円で…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ