2011.06.09(Thu) 内藤 忍

「『ストレスの雨』をやりすごすには、他人の傘を借りる柔軟さが大切です」

河合薫さん(健康社会学者)に聞く「食とストレス」 Vol.3

筆者プロフィール&コラム概要

内藤: 表面的な自分とあまり普段は見せない自分、その表現方法のバランスがすばらしいと思います。

河合: 本音を書き始めたら、アクセスがものすごく増えたんですよ。でも、本音を書くっていうことは、自分がどんどん丸裸にされているようで、ずいぶんと最初の頃は悩みましたし、自分自身疲弊してしまった時期もありました。でも、今はそれが私なんだって、思えるようになりましたし、本音で語る覚悟ができたように思います。不完全な自分でいいんじゃないかって。背伸びする必要ないって。。

内藤: グルメの話とは、だいぶかけ離れましたが、今回は本当におもしろかったです。ストレス対処法に関しては、ビジネスパーソンの参考になる話がたくさんありました。私もできることは実践してみたいと思います。どうもありがとうございました!

河合: こちらこそ、ありがとうございました!

河合 薫(かわい・かおる)
健康社会学者・博士(Ph.D、保健学)・気象予報士
千葉県出身。小学校4年から中学1年までをアメリカ合衆国アラバマ州で過ごす。
千葉大学教育学部卒業後、全日本空輸株式会社に入社。国際線客室乗務員として勤務する。1994年第1回気象予報士試験に合格。以後、気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」等で、独自の気象情報を提供。2004年東京大学大学院医学系研究科修士課程(健康社会学)修了後、同大学院医学系研究科博士課程に進学。2007年博士課程修了。保健学博士号(Ph.D.)を取得する。現在、健康社会学者として、産業ストレス、キャリア発達等を専門テーマとし、人間の生きる力に着目した研究をするかたわら、講演・執筆・TV出演等の活動を行っている。

内藤 忍(ないとう・しのぶ)
株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。
個人公式ブログ http://www.shinoby.net/  ツイッター http://twitter.com/Shinoby7110

 

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。