経済の死角

雲隠れ木村剛・日本振興銀行前会長を直撃「刑事告発危機と経営者責任」

金融庁による業務停止命令に加えて、
「検査忌避疑惑」も浮上

2010年06月11日(金) FRIDAY
friday
upperline
日本振興銀行前会長の木村剛氏。辞任会見も行わず姿を消していたため、「失踪疑惑」まで囁かれていた〔PHOTO〕片野茂樹(以下同)

 東京・日本橋のオフィス街。6月1日午後2時過ぎ、とあるビルから白髪交じりの頭髪をオールバックで固めた紳士が現れた。遅めの昼食に向かうのだろうか、手ぶらで颯爽と歩いていく。

「フライデーですが・・・」

 本誌が声をかけると、男は一瞬、記者を凝視し、固まった。そして啞然とさせるほどの猛ダッシュで、ビルの中に逃げ込んでしまったのである。

「金融維新」を唱えた改革者

 本誌が直撃した人物は、5月27日に金融庁から一部業務停止命令を受け、経営不安が囁かれている日本振興銀行の前会長・木村剛氏(たけし・48)である。

会社前で本誌記者が声をかけるや否や、すごい早技で踵を返し・・・何も話さず脱兎のごとく走り出し、会社の中に逃げ込んでしまった

「木村氏は、振興銀が行政処分を受ける前の5月10日付で会長を退任したが、自らの説明会見も開かず、メディアへの露出もなかったため、永田町界隈では、『失踪説』まで飛び交っていました」(全国紙経済部記者)

 詳細は後述するが、木村氏は、振興銀の実質的な創業者であり、最高実力者として君臨してきた人物。当然、負うべき説明責任を果たしてもらおうと直撃を試みたのだが、脱兎のごとく姿を消してしまったのである。

 木村氏といえば、'02年に金融庁顧問に就任。小泉政権の竹中平蔵金融相のブレーンとして、「金融再生プラン(竹中プラン)」の作成に尽力した人物として名を上げた。

 その後、メガバンクの貸し渋り問題に異を唱え、中小企業向けに無担保融資を専門とする振興銀設立構想に中心メンバーとして参画。'04年の開業時には社外取締役に就任した。

「振興銀設立では、『金融維新』を唱え、既存の金融界に風穴を開けた改革者として大いにもて囃されましたね。しかし、銀行発足後まもなく起きた内部抗争で、創業時の社長らが相次いで辞任。

 '05年1月に社長に就任した後から(同年6月に会長に昇格)、世間の見方は一変した。振興銀が木村氏の親族の経営する会社に杜撰な審査で融資していたなど、銀行を私物化するような数々の疑惑が続出したのです」(財界関係者)

次ページ  そんな批判を何するものぞと同…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事