upperline

 自分がイギリスに滞在した時の話でした。
時々、日本人留学生の友人からこういう質問が来るのです。

「ねぇ、レイちゃん、土豆っていうサイト、どうやって使うの?」

 最初にこの質問をされた時に、正直驚きました。

 なぜ日本人の方は、中国の動画サイトの事を知っていますか? しかも、そんなに興味津々だとは思えませんでした。

 日本の動画共有サイトと言えば、グーグル傘下のYouTubeとニコニコ動画が最も有名なのですが、中国ではどうでしょうか。

 中国では、政治的な理由で、YouTubeのサービスを利用することができません。ですので、中国オリジナルの動画共有サイトが数多くあり若い人たち中心に人気があります。その中で最も人気のあるのが「土豆網」と「Youku.com優酷網」、この二つです。

土豆網LOGO

 それでは、「土豆網」のことをメインとして、話を進めましょう。  

 土豆(www.tudou.com)というのは、2005年にサービスを始め、視聴数は1日1億も超える!中国で一番人気のある動画共有サイトのことです。中国語の名は「土豆(トゥードウ)」、日本語で言うとジャガイモっていう意味です。土豆の創始者・王微氏の話によると、サイトの名前を「ジャガイモ」にした理由は、「Couch potato」という英語の一言。

 余暇時間でソファーにジャガイモのように寝そべってテレビばかり見ている人のことです。中国のテレビ番組がだんだん面白く無くなっているので、若者たちはテレビをあまり視聴しないです。

 今は、ネットで自分の好きなテレビ番組を見ることこそ、王道だと思う人は決して少なくはないです。自分の母も、暇さえあれば、土豆でドラマを見ようとする。それが楽しくて楽しくて、しょうがないみたいです。

 確かに、ドラマや映画がとにかく自由にそして大量に無料で見られるのが、土豆の大人気の理由のようです。それは単なる暇つぶしではないと思う人も沢山います。ドラマや映画を通して色んな物を学び、色んな事を知るきっかけでもあります。日本では信じられないかもしれませんが、流行しているものを中心に全部見られます。しかも「無料」。

次ページ  自分は、よく言われます。 …
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ