田原総一朗×上杉隆vol.1
「私が体験した『政治とカネ』のすべて」

民主党政権も明かせなかった「政界とメディア」最大のタブーに挑戦する

田原:今日(6月3日)は忙しかったでしょう?

上杉:今、さっきも菅(直人)さんと樽床(伸二)さんの会見にいってきました。

田原:(Twitterに)樽床さんに靴を投げたいなんて書いてましたね。なんでなんですか?

上杉:あ、靴をですか?(笑)

 それは要するに、基本的に認識がまったく甘かったんですよ。僕も意外だったんですが。樽床さんは、ある意味、若手の保守のアニキ分として期待の星ですよね?

 松下政経塾出身のわりには、落選経験もあって、いわば地べたはいつくばったという感じの、いわゆるドブ板も知ってる感じです。

 若手の民主党議員もついて行く人が多い。ぼくも期待をして会見に行って質問したんですけど、鳩山政権、民主党がかかげたマニュフェストの中身をまったく理解していない。

田原:なんで菅さんと樽床さんの会見だったんですか? 

上杉:今日までに立候補を表明した人だけ。

田原:樽床さんは立候補を表明したってことね。

上杉:はい、推薦人集めたと。まだ出してはいないんですけどね。

田原:それでふたりは会見したわけね。

上杉:明日(6月4日)の午前9時までに他に出るかどうかというのはわからないので、不公平感があるかなという感じはするんですが、現時点で推薦人を集めた人だけ会見をした。

田原:マニュフェストを理解してないってどういうことなんですか?

上杉:民主党の173項目のマニュフェストもそうですけど、小沢代表時代の公約、5つの柱、その基本部分・・・たとえば具体的に質問したのは、国民の知る権利、情報公開、開かれた政治を作る、というのが民主党の柱なんですよ。その部分で官房機密費、記者会見のオープン化、情報公開制度は鳩山政権では中途半端になっている。

 樽床さんが仮に政権を取られた場合、それをきちんと、鳩山首相の意向、民主党の公約を守ってやるんですか、と聞いたら、「それについてはいろんな意見があるので、考えてみたい。私はまだ官邸に入ってないのでそのことは知らない」と言ったんです。

田原:マニュフェスト知らない?