アップル、ミュージック・クラウドに参入か
開発者会議を前に噂が飛び交う

アップル、スティーブ・ジョブスCEO〔PHOTO〕gettyimages

 ここ数週間、米国では「アップルが、いよいよiTunesをクラウドにのせる」との噂が飛び交っている。米国では、今年3月にアマゾンの"Cloud Drive"がサービスを開始し、それを追ってグーグルが5月の開発者会議で"music beta by Google"を予告した。最大手アップルも6月始めに開かれる開発者会議でクラウドへの参入を発表するだろうと、消費者の期待感が高まっている。

前評判を高める意図的リークか?

 アップルのクラウド騒ぎは、IT系ウェブ誌CNetの5月18日付観測記事が発端だった。同記事は消息筋情報として、アップルがミュージック・クラウドに関して「イーエムアイ(EMI Music)社と著作権契約が締結したこと」や「ユニバーサル(Universal Music Group)やソニー(Sony Music Entertainment)などとの交渉も締結間近」と報道した。

 アップルは6月6日から開発者会議"WWDC(Worldwide Developers Conference)"をサンフランシスコで開催する。同イベントは毎年、スティーブ・ジョブスCEOが自ら新しい製品やサービスを紹介することで有名だ。

 同社は新製品発表前に意図的に情報を漏洩して、人気を盛り上げることが多く、今回もWWDC開催直前ということで、アップルのミュージック・クラウドに関するリーク記事は大きな注目を浴びた。Cnet誌は5月18日に続き、20日、24日と続報を流し、アップルが進める大手音楽レーベルとの交渉を明らかにしている。この報道に追従し、大手IT業界誌などがアマゾンやグーグルとの比較記事を次々と掲載した。

 これまで、アップルの音楽事業はパッケージ・メディアのやり方をインターネットに転用するビジネス・モデルだった。大手音楽レーベルは、一般小売店向けに光学ディスク(CD)の販売契約があり、卸価格なども決まっている。それをそのままインターネットに置き換えたのが、現在にiTunesストアーで、参入が容易だった。

 つまり、音楽レーベルは、新しく料金体系や契約条件を決める必要がなく、それぞれの楽曲がCDではなく、ネット経由で個人のパソコンに蓄積されることを認めるだけで良かった。しかも、再生はiPodやiPhone、iPadなどのアップル端末に限定され、違法コピーの懸念も低かった。

 一方、ミュージック・クラウドは音楽をパソコンからコピーする必要はなく、アップルのデータセンターから直接ストリーミング(音楽信号)でアップル端末に届ける。こうしたストリーミング・サービスは、インターネット・ラジオで一般化しており、技術的な問題はない。

 しかし、個人購入の音楽をストリーミング再生することは前例がなく、契約内容や料金体系を新たに決めなければならない。CDの売り上げ減少を懸念する米大手音楽レーベルは、これに難色を示してきた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら