「二信組事件」山口敏夫元労相が影響力を
行使する「意外な会社」

久々に表舞台に登場した「政界牛若丸」

 山口敏夫元労相の名を久しぶりに聞いたのは、ゴールデンウィークの直前だった。

 伊豆の観光スポットとして知られる伊豆シャボテン公園、伊豆ぐらんばる公園、伊豆海洋公園などを運営する株式会社サボテンパークアンドリゾートで、社長然として振る舞い、自宅も伊豆に求めたーーという情報である。

 山口氏といえば、「政界の牛若丸」の異名を取り、政局の節目で活躍しながら、バブル紳士の故・高橋治則氏が主導した「二信組事件」で逮捕起訴。実刑判決を受けて服役し、昨年10月に仮出所したばかりである。

 わずか半年で、それなりの居場所を確保したのが事実なら、いかにも達者な山口氏らしい。リゾート会社の経営と山口氏は、直には結び付きにくい。イメージ優先の客商売ゆえ、表にも出にくかろう。

 まずは真偽を確認するために現地に向かった。今年のゴールデンウィークは、全国的に天候に恵まれ、行楽地は活況を呈していたが、伊豆の三公園も例外ではなく、公園内には家族連れが溢れ、駐車場待ちの長蛇の列ができていた。

 社員総出で観光客の対応に追われていたが、その中には山口氏の姿はなかった。では冒頭の情報のように、その後ろで"社長然"としてふるまっているかというと、それは誤報に近かった。

 通常は本社勤務だという管理職が、グッズ販売の手を休めずに首を傾げた。

「山口先生は、確かに本社(伊東市)に来られることはあります。でも1ヵ月に一度ぐらいのペースです。業績のざっとした報告はしますが、経営にタッチするなんてことはありません」

 サボテンパークアンドリゾートの親会社はジャスダックに上場するオメガプロジェクト・ホールディングス。2005年7月に急死するまで、同社の経営に深く関与していたのが高橋治則氏だった。

 その後は、高橋氏の右腕の横濱豊行氏が会長として実権を握っていた。昨年11月、横濱氏はグループ企業のユニオンホールディングスを舞台にした株価操縦事件を引き起こして逮捕起訴され、会長を退任。オメガ社の経営は、非常に不安定な状態が続いていた。

 オメガ社の関係者が事情を説明する。

「ユニオンもオメガも、証券界では増資による資本調達で生き延びる『ゾンビ企業』として知られていた。その工作を担っていたのが高橋であり横濱だった。でも、高橋が亡くなり、横濱の逮捕で"柱"がなくなって内紛状態となった。

 具体的には、高橋のスポンサーで投資家の瀬川重雄、会長は退いたものの引き続き影響力を行使したい横濱、横濱の傀儡ではあったが、事件化で主導権を発揮する立場となった近藤宣彰社長の三者が争いを始めた。

 とはいえ元ロックバンドのベーシストで30代後半の近藤には海千山千の瀬川や横濱との戦いは荷が重い。その助っ人を買って出たのが山口敏夫だった」

 オメガ社は、映像と投資とリゾートの3本柱で運営されてきたが、唯一の実業が伊豆の3公園を運営するサボテンパークアンドリゾート。三者の内紛は、その経営権を握る争いといっていい。

「山口です。久しぶりじゃないですか」

 よく通る声が耳に響く。山口氏とは、「二信組事件」の取材を通じ、旧知の仲だ。実刑判決を受けて服役(07年3月)する直前にも会ったことがある。身の軽さは相変わらずで、伊豆を訪れた数日後には電話がかかってきた。そこで事情を聞くために会った。

 年齢より若い印象は相変わらずで、今年8月に70歳を迎えるとはとても思えない。山口氏の説明は少し回りくどかったが、要は、次のような事情だという。

 オメガ社の経営がガタガタになり、近藤社長などから相談を受けたのでアドバイスしただけ。経営にタッチするつもりなど毛頭ない。まったく関係ない会社なら無視するが、高橋の"負の遺産"なんで、その処理に付き合っているつもりだ――。

 山口氏は、その説明のなかで、「表に出るつもりはないよ」といい、「記事にしても意味がないじゃないか」と繰り返した。しかし、そうもいってられなくなった。

山口色の強い新経営陣を選任

 オメガ社は、5月26日、取締役会を開き、6月25日に開催予定の株主総会で、近藤社長、村上東哲専務が退任、新たに矢島誠氏ら5人を取締役に選任する議案を提出。社名もソーシャル・エコロジー・プロジェクトと変更する予定であることを発表した。

 これは山口色の強い人事である。伊那エレクトロニクス代表、大樹総研顧問の矢島氏が社長候補だが、現在、75歳の矢島氏は山口人脈といっていい。他の取締役や監査役にも山口色が窺われる。

 再度、山口氏と連絡を取った。

「相談を受けて推薦したりはしたものの、私が経営にタッチすることは考えてもいない。伊豆の3公園は現体制のままで経営する。何も問題はない。会社が旧体制を払拭、再生するお手伝いをしただけだ」

 山口氏はこう「影響力」を否定するのだった。

 確かに山口氏は株主でもなければ、経営にタッチするわけでもない。だが、小なりとはいえ上場企業の再生を、"お手伝い"する手腕には、あらためて驚かざるを得ない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら