upperline
海外旅行成田空港の発表では、今年のゴールデンウィークに同空港から海外に行った人は54万人超

「旅なれた人は荷物が少ない」

 よく聞く台詞であるが、本当にそうなのだろうか。

 たしかにそういう人はいる。

 例えば、写真家の田中長徳さん。

 一昨年、広東、香港を三泊で御一緒させていただいた。

 私は、リモワのトロリーの機内に持ち込めるやつとトゥミのリュックを持って成田に赴いたのだが、長徳先生は、築地で売っている、籐の買物籠一つなのであった。

 ちっちゃいですね、と云うと「これでデジカメと一眼レフとワンカップ焼酎が入ります」というお答え。

 まあ、それはそうでしょうが・・・。

 だいたい、世界中、それ一つで行ってしまうというのだから、これは達人としか云い様がない。

 建築家の磯崎新さんもそうだ。

 中国各地のクライアントを訪ねている途中、上海で合流し、深せん(土へんに川)、香港と同道させていただいたのだが、数週間に及ぶ旅行なのに、荷物はトゥミの革製ガーメントケース一つである。

 まあ、海外にあれだけ多くの現場を抱えて、飛び回っているのだから、一々、大荷物などを持って歩けない、というのは解るのだけれど。

筆者イチ押しの旅行小物は何か?

 それにしても、我が身に比べて、何という潔癖、何という身軽さであることか。

 私の場合、かなり旅行をしている方なのだけれど、旅行をすればするほど、装備がシンプルになるのでなく、むしろ増えていくような有様なのである。

 あの時、あれが無くて困った、これがあれば何とかなった、という失敗体験が、負に作用して、とにかく想定し得る事態すべてに対応しようとしてしまうのである。

 つまり、旅行を重ねれば、重ねるほど、荷物が増える、増えてしまいがちである、という有様なのだ。

 たぶん使わないと思うものさえ、スーツケースに入っているし、心配性なので―本当ですよ―、デジカメなどは複数、スーツケースに入れてゆく。

 実際、それで助かったことがあった。

 ニューギニアのポートモレスビーで、入国係官に因縁をつけられて、リコーのキャプリオを巻き上げられた事があったけれど、スーツケースにサイバーショットを放り込んで置いたので助かった。もっともニューギニアに対する悪印象はぬぐえなかった。

 ただ、フェアに云えば、ニューギニアは数百の言語があると云われる島嶼国家であり、島ごとに人間性はかなり違う。首都で凶悪な犯罪が絶えないニューギニア本島に対して、ラバウルの住人たちは、きわめて人がよく温良純朴である。

次ページ  「さらばラバウルよ」と歌われ…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ