メディア・マスコミ
イラク戦争に火をつけた「大量破壊兵器」スクープは
「御用記者」の誤報だった

映画『グリーンゾーン』のモデルになった米国政府の情報操作

 マット・デイモン主演の『グリーン・ゾーン』が日本でも公開中だ。2003年に始まったイラク戦争が舞台で、開戦の根拠になった大量破壊兵器(WMD)の行方が焦点だ。

 デイモンはアメリカ陸軍のロイ・ミラー上級准尉を演じ、WMDを発見する任務を負わされる。当コラムの趣旨に照らし合わせると、最大の見どころは、ミラー上級准尉がウォールストリート・ジャーナル紙の女性記者ローリー・デインに詰め寄るシーンだ。

「君の記事を読んだ。WMDの存在を裏付ける情報源は『マゼラン』と呼ばれているそうだな」

「情報源については何も話せない」

「マゼランがなぜ真実を話していると分かる?」

「信頼できる仲介者を使ったからよ」

「WMDが隠されているとされる場所に行ったことがあるのか?」

「・・・」

「おれは行った。そこには何もなかった。マゼランの情報はすべてガセ情報だ! 仲介者はだれだ?」

「情報源は明かせない」

「いいかげんにしろ! そもそもWMDが開戦理由なんだぞ。君は優秀な記者なのに、『WMDは存在する』なんてうそを書いてきた。なぜなのか説明してもらおう」

「いいわ。ある日、ワシントンの政府高官から電話をもらい、『WMDの存在を裏付ける情報がある』と言われた。会いに行ったら、マゼランから直接聞き出した話をまとめた報告書をくれた」

「その報告書が正しいかどうか、ウラを取ったのか?」

「何を言っているの? 彼は政府高官で、マゼランと接触できる立場にあるのよ!」

 アメリカのマスコミ業界人であれば、デイン記者のモデルがだれであるかはすぐに分かる。ピュリツァー賞を受賞したこともあるベテラン記者、ジュディス・ミラーだ。映画では経済紙ウォールストリート・ジャーナルの記者として描かれているが、実際は高級紙ニューヨーク・タイムズの記者としてイラク戦争を取材していた。

日本でも公開中の映画「グリーンゾーン」は極上のエンタテインメントだが、情報操作の内幕はリアルだ