2011.06.01(Wed) 内藤 忍

「最善を望みながら、最悪を覚悟する」
ストレスに強い賢人の危機管理術に学ぼう

河合薫さん(健康社会学者)に聞く「食とストレス」 Vol.2

筆者プロフィール&コラム概要

vol.1 はこちらをご覧ください。

50年過ぎると組織は腐る?

内藤: 最近、いろいろなことでリスクが高まっていると思うんです。企業もそうですけど、たとえば東電があんなふうになってしまうなんて、これまでは考えられませんでした。

河合: 私がANAに入社したとき、JALさんがあんなふうになるなんて、これっぽっちも思っていませんでしたよ。

内藤: JALなんて3、4年前は大学生就職ランキングの10位に入っていましたよね。

河合: 私がANAに入社したときは、国際線が飛び始めて2年目でした。世間では「これからはJALじゃなくてANAのスッチーだよ」(笑)と言われていたんです。でも、地上訓練が終って、成田に初フライトで出社したとき、大ショック受けまして・・・。JALは立派なビルなのに、ANAが出社する場所はプレハブだったんです。

内藤: 海外に行っても鶴のマークはずらりと並んでいるのに、ANAの飛行機は遠くに一機しか停まっていないような状況でしたね(笑)。

河合: そうそうANAは「ここも空港なの?」というような遠いスポットに停めさせられたり、空の上でもJALの後ろを飛んだり。いつも先頭を走っているのはJALでしたね(笑)。

内藤: それにしても、最近はリスクの振れ幅が大きくなっているように思います。企業に限らず、良い物が突然悪く言われたり、悪いと言われていたものが良いものになったり。たとえば、昨日まで健康にいいと言っていた食品が、今日は身体に毒ですということが起こったり。

河合: それは世の中に情報が多いからではないでしょうか。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。