環境・エネルギー
ロシアもイギリスも垂れ流し、中国はチベットに
「現代のババ抜き」核廃棄物はどこへ捨てる?

「技術先進国」日本とドイツが降りたら、あとは大変
アメリカの放射性廃棄物〔PHOTO〕gettyimages

 「今から5000年前、エジプト人は高濃度の核廃棄物を地中深くに埋め、その上に巨大なピラミッドを建立した。絶大な権力を誇ったファラオたちはそこに埋葬され、死後は守護神として、母なるエジプトの大地を永久に放射能汚染から守り続けることになった。後世、ピラミッドに忍び込んだ墓荒らしたちが決まって不審な死を遂げたのは、地下から立ち上ってくる放射線の影響であったことが、すでに明らかになっている。

 なお、古代エジプト人は核の貯蔵期間を5000年と定めており、来年2012年が、第三王朝ジョセル王のピラミッド下の核貯蔵の保証が切れる年となる。当時、1万年は安全と言われた保存容器だが、5000年の歳月を経た現在、どういう状態になっているか、専門家もよくわからない。

 ただ、なんらかの放射漏れが起こっている事はほぼ確実とみられている。前ムバラク大統領はそれに合わせ、核廃棄物の取り出しと安全な再貯蔵の検討を進めていたが、惜しくも失脚してしまったため、計画は頓挫している。なお新政権は、『我々はジョセル政権の直系の後継ではない』として、計画の引き継ぎを拒否する模様。エジプトの環境保護団体は事態を重く見ており、一刻も早く古代の核廃棄物を安全な場所に移すため、超党派ならず、超国家間での取り組みを要請している。

 一方、市民の間には、貧困にあえぐ現代のエジプト人が、なぜ豊かに暮らした古代人のゴミの後始末をしなければいけないのかと不満の声が高まっており、5000年前の核廃棄物は、エジプトの世論を真っ二つに分ける不安材料となる可能性が強い」

 以上は、もちろん私の作り話だが、現実も似たようなものだ。

 100基以上の原発を稼働させているアメリカ合衆国は1987年、ネバダ州ユッカ・マウンテンに高レベルの放射性廃棄物の最終処分場を建設するプロジェクトをスタートさせ、砂漠の地下200メートルの地点に、20年以上も坑道を掘り続けてきた。ユッカ・マウンテンのあるネバダ砂漠というのは、アメリカが800回も核実験をしてきた場所だ。雨がほとんど降らず、人もいない。そして地下水は地下500から800メートルという非常に深いところにあるので、核廃棄物の貯蔵容器と水分との接触も起こらないとされている。

 完成した暁には7万トンの高レベル放射性廃棄物を永久処分するはずだったが、オバマ政権になって急にプログラムが中断された。このような巨大な時間的スパンにおいては何が起こるか分からず、ネバダ砂漠自体が水没する可能性さえ否定できないという。