原辰徳監督「主力大量離脱&不振で珍言炸裂中!」
心、ここにあらず…若大将が繰り出した語録〝G滅〟バージョン
KO負けを繰り返す東野峻に代わり、右のエースの働きが期待されているドラ1ルーキー・澤村拓一(右)

 危機の時こそ、リーダーには力強いメッセージを発してほしいもの。近年最悪の状態にある巨人ではどうかというと、これが想像以上で・・・。

G滅語録(1) 節電

 東日本大震災の影響で開幕こそ延期となったものの、節電対策を取ることで東京ドームの使用は可となった。

 4月23日、平常時の75%の照明でフリー打撃を行った後、原辰徳監督(52)は、
「大丈夫でしょう。できると確信しました。プレーには問題ないです」
とコメント。胸を張ってこう続けた。

「これは我々にとってもリスタート。新たなる出発ということです。我々が力いっぱいのプレーを見せれば、それが今まで以上に明るい照明の代わりになると思う。今年の戦いの枠組みの中に『照明』というテーマも入れていきたい」

 分かるようでまったく分からない誓いに戸惑う巨人番記者たち。指揮官が込めたメッセージに気づかされたのは翌日のことだった。再び東京ドームで全体練習が行われたのだが、原監督の様子がいつもと違ったのである。

 球場入りしてユニホームに着替えた後、ベンチに姿を見せると、報道陣の前で両手をパンと叩いて「リスタート!」と一言。それを境に、あのおしゃべり好きの監督が黙り込んでしまったのだ。打撃ケージ裏で厳しい表情を浮かべ、腕組みしたまま口をつぐむ若大将。

「照明が暗くてプレーに影響が出ることを案じているのでは?」「何か他の不安材料が発生したのでは?」

 ざわつく報道陣。だが、真相はまったく違った。練習終了後、当の原監督がこうタネあかしをしたのである。

「節電にならって、コメントを減らしてみようと思ったが--- 。やっぱり無理があったね。しゃべらないというのは、なかなかどうしてしんどい。節電はやっぱり言葉じゃなく、電気だね」

G滅語録(2) 動物園

 開幕前、ジャイアンツ球場で行われた練習でのこと。報道陣と雑談していた原監督が物凄いことを言い出した。