田原総一朗のニッポン大改革

「新しい発想」は
Twitterの刺激から生まれてくる

メディアジャーナリスト津田大介インタビュー vol.2

2010年05月24日(月) 田原総一朗
upperline

vol.1 はこちらをご覧ください。

田原 そもそもTwitterっていうのは、最初はいつどこで始まったんですか?

津田 ちゃんと始まったのは2006年の夏。アメリカの西海岸シリコンバレーですね。

田原 どういう人が始めた?

津田 もともと、Googleやブログのサービスを使ってた人たちが、ブロガーっていうサービスとかPodcastというネットに音声を溜め込む仕組みを作っていたんです。そんなシリコンバレーで成功した人たちが始めた新しいサービスのひとつなんです。

田原 だけど、ブログって一銭も金にならないでしょ?

津田 ブロガーっていうサービスをGoogleに売ったんですね。それで、その人は売却した金額を手にしているんです。

田原 うろ覚えで間違いかもしれないけど、youtubeもそうでしょ? youtubeをGoogleに売ったわけでしょ?

津田 そうですね。

田原 で、何百億とか・・・

津田 いや、あれは1600億円くらいでしたね。

田原 Twitterもいずれそうなるのかな?

津田 TwitterはずっとGoogleとかYahooとかいろんなところが買収を狙ってたんです。そういう風土がシリコンバレーでは当たり前ではあるんです。ただしTwitterはそれ以上に伸びが大きかったんで、買収提案を全部断って、「自分たちだけでいきます」と。

田原 なるほど。今のところはね。

津田 今のところはそうです。

サブプライム問題とTwitter

田原 最初はどんなふうに始まったんですか?

津田 自転車のバイク便とかメッセンジャー便ってありますよね。何か新しいサービスをやりたいねという創業者たちが、あの人たちに効率よくショートメッセージを配信できるものを作りませんかというのが着想のヒントになった。

田原 僕も、書いた原稿をFAXで送ることもあるけど、バイク便で頼むこともあります。

津田 自分がフォローしたい、追いかけたい人が今、どういうステイタス、どういう状況にあるのかを把握する。会社でいえば、行き先掲示板みたいなものです。

 「置かれているいる状況がどうなっているのかをリアルタイムで分かると便利なんじゃない」というコンセプトをウェブサービスの形にしてみたら、思った以上にこれはおもしろいということで、本格化し、2006年にスタートした。それで半年ぐらいやって、一気に広まり始めたのが2007年の春。

 アメリカのイベントで、新しいウェブの面白いサービスだってことで賞をもらったんです。

田原 へぇ~!

次ページ 津田 ウェブアワードってところ…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事