ドキュメント 「異常官邸」鳩山逃げる
オキナワはポイ捨て

大特集 「ウソ八百政権」の全内幕 
 麻生よりも長くやりたい、鳩山家のプライドをかけて総理続投を!  完全にイカれてます、この人

 鳩山首相にとって、運命の5月末がいよいよ近づいてきた。今月4日の沖縄訪問以降も、首相は繰り返し「普天間問題の5月末決着」という原則論を唱え続けている。 

 本当にそんなことが可能だと思っているのか、それともそう言い続けるしかないのか、宇宙人首相の本心はなかなか見えない。 

 5月8日に首相公邸で約40分間、鳩山首相と話をしたジャーナリストの田原総一朗氏はこう語る。

「今回、お会いしたのは『普天間問題について意見が聞きたい』と、鳩山さんサイドから連絡があったからです。
  普天間問題は非常に難しい問題なのに、民主党の大臣や議員は、その難しい問題を前にして逃げている。自民党時代は梶山静六さんのような人が、悪役になってもこの問題に取り組んだ。
  そういう悪役をやる人が民主党にはいません。そんな状況だから、僕はちょっと鳩山さんが可哀想に思って会ったんです。5月4日の沖縄訪問も、ほとんど惨敗と言っていい結果でしたしね」 

 後で詳述するが、確かに田原氏が言うように、鳩山官邸を支えるはずの閣僚や民主党議員たちは、ただボヤくだけだったり、オフレコで鳩山首相を批判したり、あえて我関せずの姿勢を貫いて『鳩山後』に備えたりと、もはや政府としての体を成していない異常事態である。 

 田原氏は、鳩山首相に直言した。 

「鳩山さん、あなたがもし、普天間問題が5月末までに解決しなかったら辞めればいいやと思っているんだとしたら、それはずるい。あなたが辞めても、誰かが解決しなければならない。あなたがこの問題に手を付けたのだから、責任をもって抱き合い心中をすべきです。普天間問題には奇策とか妙案はありません」 

 神妙な表情で田原氏の話を聞いていた首相は、「わかりました。わかりました」と繰り返していたという。 

 田原氏の前では殊勝な態度だった鳩山氏だが、最近の言動を見ていると、この人は本当に大丈夫だろうかと心配になる。 

 たとえば、5月6日に報道各社の政治部長経験者らと会食しているが、鳩山首相は出席者たちが驚くほど明るく、 

「このまま私はやるんだ。自分ほど沖縄の基地問題で努力している政治家はいない。過去を見てもそうだ」 

 とブチ上げたという。 

 さらに、翌日の官邸で行われた徳之島の3町長との会談。住民ら2万5800人分の移設反対署名を、例によって頭を下げて恭しく受け取った首相は、会談でこんなことを語り出した。 

「私、徳之島には憧れておりました。私が幼い頃、大好きだった相撲取りが朝潮太郎という相撲取りで、マンガあるいは雑誌で奄美大島、徳之島出身と(紹介されていたと)いうことをきっかけに、行きたいなあと憧れておりました」 

 そんな憧れの島に基地移設をお願いするのは心苦しいということなのだが、突然、朝潮について語り出す首相に、3人の町長はさぞ戸惑ったことだろう。 

沖縄にリニア? 

 もちろん、鳩山首相が「ルーピー(イカれた、愚かな)」発言を繰り返すたびに、普天間問題は進展するどころか混迷の度を深めていくばかりだ。実際、5月12日からのアメリカ側との実務者協議に臨むため、むりやりまとめた観のある普天間問題「政府原案」は、内容を詳細に取り上げるのも空しくなるオソマツな内容だ。 

 曰く、「可能性を早急に詰める」「検討する」「今後両国で協議して決定する」「早急に調整する」・・・、そして肝心の【沖縄への対応】については、「沖縄側の要望に真摯に対応する」。これでは「何も決められない」ことを、政府として決定したようなものである。 

 ここまで普天間問題を迷走させた"戦犯"の一人である平野博文官房長官は、12日に急遽、鹿児島へ飛び、徳之島町議と会談したが、官邸内での評価は相変わらず低い。 

「徳之島案も辺野古の杭打ち桟橋案も、平野プランです。平野さんが外務省や防衛省などの官僚たちから情報を取っていれば、それらの案がいかに実現不可能かわかったはずです。それなのに、政治主導の意味をはき違え、自分が鳩山さんの代わりに普天間問題を決着させると独断で動きすぎた。
  平野さんは『せっかく俺が悪者になろうとしているのに、総理がいろいろ発言してしまうから』と愚痴っていたが、勘違いも甚だしい」(官邸関係者) 

 すでに普天間問題の責任をとって官房長官交代説も流れている平野氏。やけくそのような発言ばかりが目立つ。先日も、記者たちと険悪なムードになった。 

記者 アメリカ側は徳之島移設は難しいという認識を示しているようですが。 

平野 誰が示しているんですか? 

記者 そういう報道が・・・。 

平野 いや、ですからっ、誰が示しているんですか。 

 また、仙谷由人国家戦略相や前原誠司沖縄担当相らが、5月末決着でなくてもやむなしというニュアンスの発言をしたことについても、自分が散々官邸内を混乱させてきたことは棚に上げ、「助け船どころか、混乱するだけや」と苛立ちを隠さなかった。そして、最近では官邸を離れて、党本部に現れては職員たちに、 

「俺はやっぱり党(務)向きなんや」 

 と愚痴っているという。ちなみに「党務なら自信があるという思い上がりが恐ろしい」(党職員)という声は、平野氏にはまったく届いていない。 

 官房長官がこのザマだから、それに仕える人々も困惑しきり。首相と徳之島3町長の会談後、瀧野欣彌官房副長官は一言、「まとまんなくなっちゃったな」とこぼし、官邸詰の記者たちに「いい案があったら教えてほしい」と嘆いた。 

 いま、官邸内では、もっとも難航するのが確実な、沖縄県民の同意を得るために、さまざまな懐柔策が論じられている。 

 民主党幹部が明かす。 

「名護市を含む沖縄北部の振興策として、法人税減税や企業誘致を仲井真弘多(ひろかず)知事に提示しているそうです。ただ、怪しげなブローカーのような人たちからの提案も次々に持ち込まれている。首相側近のなかにも、すっかり乗せられて『ウルトラCとして、沖縄に鉄道を敷く。
  それも世界初のリニアモーターカーを那覇―名護間に開通させるアイデアがある』と言っている人がいる。そんな話が次々に耳に入るから、鳩山さんも何を信じていいかわからず、自分がやるしかないとますます頑(かたく)なになっている」 

 頭を悩ませている(はずの)鳩山首相を尻目に、閣僚たちからも、首相と距離を置く発言が目立ち始めている。 

 外相として普天間問題でも首相を支えるべき岡田克也外相は、オフレコ懇談で次のように語った。 

「われわれ閣僚が共有している以上の腹案が(総理に)あるとは思いません。総理が沖縄に行ったのは、ご自身の思いを直接伝えたいということでしょう。あとは結果でご判断されるんじゃないですか」 

「鳩山さんの『駐留なき安保』路線は、私は反対です」 

「私は去年10月に『県外は難しい』と言っている。それは総理にも伝えたつもりです」 

 普段から慎重な岡田氏にすれば、オフレコの席とはいえ、かなり踏み込んだ発言で、「あとは鳩山さん、お好きにどうぞ」と言っているようにも聞こえる。 

 一方、鳩山首相が「退陣」となれば、後任に真っ先に名前が挙がるのが菅直人副総理である。鳩山内閣の支持率が下がれば下がるほど、次を意識するあまりか、どんどん口数が減っていった菅氏だが、普天間問題ではますますそっけない。 

 これから徳之島の3町長が官邸に来るという日の朝、官邸前で普天間問題の現状をどう見ているか問われた菅氏の答えは、次のようなものだった。 

「難しい状況が続いているというふうに思っています。あの、私自身は内閣のなかでも、この問題にほとんど関わりを持っておりません。総理からも、この問題は、私(菅氏)までは煩わさないでやりたいと以前から言われています」 

 いくら総理に言われたからと言って、副総理が「関わりは持っていない」では済むまい。鳩山首相が退陣したとしても、普天間問題が解決するわけではない。次の首相、つまり、菅氏が普天間問題を先頭に立って取り仕切る事態は、絵空事ではないのである。 

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら