「北方領土返還」
ロシアからのサインを読み解く

「勢力均衡」に舵を斬る鳩山外交

 現下、日本国家における最大の不幸は、全国紙やテレビ局の記者が国家官僚と同質化現象を起こしていることだ。その理由は簡単である。偏差値秀才型の記者が多くなったからだ。夏目漱石の小説『それから』に平岡という新聞記者がでてくる。

 大学で主人公の代助と同級生だったが、民間企業に就職し、会社のカネに手をつけてクビになり、しばらく浪人してた後、新聞記者になった。この小説を読むと「羽織ゴロ」と言われていた頃の新聞記者文化がよくわかる。

 最近でも、全共闘世代くらいまでの記者は、新左翼系の過激な学生運動、あるいは日本共産党(民青同盟)系の秩序正しい学生運動を経験していた人が多い。逮捕歴がある人もめずらしくない。頭がいいので、国家公務員試験の準備をすれば合格する基礎体力があるが、そういうことに価値観を見いださなかった人たちだ。

 記者志望の学生と、官僚志望の学生は、そもそも気質や趣味が異なっていた。

 ところが、現在、新聞社やテレビ局の第一線で取材を行っている記者には、ほとんどが偏差値の高い大学の出身で(かつてはそうではない大学の出身者がテレビ局に多かった)、国家公務員試験の準備も少しして、銀行や外資系企業も受験し、マスコミも朝日、読売、産経という社論の傾向にかかわりなく受験し、合格した中からもっとも将来性がある職業としていまの会社を選んだという人が多い。

 こういうマスコミ人たちには、がさつで下品な叩き上げ政治家や、気むずかしい作家よりも、中央官庁の官僚たちがよい人のように見えてくる。官僚は、新聞記者やテレビ局社員よりもずっと安い給料で夜遅くまで仕事をしている。威張り散らしているわけでもなく、記者が何かを尋ねれば、教えてくれる。

 積極的に嘘をついているようには思えない(積極的に嘘をつくような情報操作はレベルが低く、効果が上がらない。こういう稚拙なことを行うのは一部の外務官僚くらいだ。官僚の情報操作は、通常、事実のある部分だけを強調し、官僚にとって都合の悪に部分を隠すという形態で、マスメディアを官僚に都合がよい方向にミスリードすることによって行う。しかもこのミスリードを無意識のうちに行うので、官僚は情報操作に対する罪悪感をもたない)。

 官僚は、親しい記者にときどき「特ダネ」を流してくれる。それだから、現場の記者たちには、官僚がそれほど悪い人のように思えないのである。

 むしろ、官僚叩きで大衆のポピュリズムを刺激し、権力基盤を強化しようとしている民主党連立政権のほうが悪い存在のように、中央官庁を担当している記者には何となく見えてくる。これが筆者の言う国家官僚と記者の同質化現象だ。

 この同質化は無意識のうちに進んでいるので、矯正が難しい。現在の日本の記者の視界に入らない、国内政治や外交の現実を読み解くことで、同質化現象が国民の知る権利に応えていないことを明らかにするしか術がないと筆者は考える。

 その観点で5月10~13日の鈴木宗男衆議院外務委員長のモスクワ訪問が興味深い。鈴木氏はロシア事情に通暁している。北方領土交渉を再開する突破口をつくるタイミングを見極めて、この時期に訪問した。筆者の見立てでは、その理由は2つある。

 第1の理由は、沖縄の米海兵隊普天間飛行場の移設問題と関係している。鳩山総理が当初予定した5月末までに普天間問題が解決できないことが確実になった。当面、日米関係はこの問題が重要懸案となる。このままだと日本外交は普天間問題だけに収れんしてしまう。そうなると日本外交の縮小再生産のスパイラルに入る。