「国債発行額のマニフェスト盛り込み」
が政府に好都合な理由

実は会計操作で公約達成も可能
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら