蓮舫レポート

私と同じ年齢のイギリス新首相誕生
に共鳴しました

あちらは13年ぶりの政権交代

2010年05月15日(土) 蓮舫
upperline

 イギリスでも13年ぶりに政権交代になりました。

 保守党のキャメロン党首が首相に、そして連立を組む自由民主党のクレッグ党首が副首相に就任されました。

 ともに43歳。お二人の握手のショットは、未来への可能性を感じさせる姿でした。

 ちなみに、私も今年で43歳です・・・。

 この200年間で最も若い首相となったキャメロン首相が、
「本当のチェンジには、国民の努力も必要」
  とコメントしている様子をニュースで見ました。

 新しい政権は、日本と同じような巨額の財政赤字の削減などの課題が山積していますが、国民と一緒に改革を進めていくとの意欲、思いに大きく共鳴をしました。

 問題は、どうやって「国民と一緒に」という状態をつくるかにあるんでしょう。

 日本における昨年の政権交代から、まもなく8ヵ月が経過しようとしています。

 前回の解散総選挙時に、国民が民主党へ寄せてくださった期待の声に、私たちはまだまだ必ずしも応えきれていないことは事実でしょう。

 私たちへのご批判、ご懸念には率直に耳を傾け、なぜこうなったのかを説明し、軌道修正すべきところは修正すべきだと思います。その上で、猛省をした結果を反映できるような党にしていきたいと思っています。

次ページ  野党時代から一貫して主張をし…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ