「非実在青少年」って何?
わけのわからない条例を作る
東京都の狙い

 古典文学『源氏物語』も、大ベストセラー『1Q84』も、マンガ化・アニメ化されれば、規制対象になる―。今年2月に東京都が提出した「青少年健全育成条例」改正案(以下、改正案)が都議会で可決されれば、こんなことが実際に起こるかもしれない。

 改正案によれば、18歳未満の「非実在青少年」の性交や性交類似行為が描写されたマンガが「不健全図書」に指定される。「非実在青少年」とは聞き慣れない珍妙な言葉だが、これはマンガやアニメに登場する18歳未満のキャラクターのこと。つまり、都は条例で架空の人物のセックス描写を規制したいというわけだ。

 ちなみに小説は規制の対象には含まれない。したがって、主人公と18歳未満の少女との性交が作中に描かれている『1Q84』は仮にマンガにした場合のみ、未成年者に販売できなくなる可能性がある。マンガ家の里中満智子氏が、改正案に疑問を呈する。

「改正案にはいくつかの問題点があるのですが、まず、実在しない18歳未満のキャラクターに規制の網をかけるのはいかがなものかと思います。この改正案が成立すれば、『ロミオとジュリエットや『源氏物語』といった古典作品のアニメ化やマンガ化ができなくなってしまいます。
  また、文学なら良くて画像はダメだという根拠もわかりません。そして、良いか悪いかの判断を誰がするのかもよくわからない。この改正案には恐ろしいまでの監視社会の雰囲気を感じます」

 改正案には、都と事業者と都民に18歳未満の性交を描写したマンガなどの蔓延を防止する責務がある、とも書かれている。これが意味することはなにか。明治大学准教授の藤本由香里氏が解説する。

「18歳未満の性描写があるコミックが青少年でも買える場所で売られていた場合、誰か一人でも抗議すれば、速やかに従う義務が出版社や書店に生じるということです」

 99年、児童ポルノ法に創作物が含まれるようになるのではないかと話題になったときのことだ。大手書店チェーン『紀伊國屋書店』でマンガ『バガボンド』などが撤去されたことがあった。宮本武蔵の生涯を描き、後に文化庁からも表彰された同作だが、18歳未満の性交が描かれていることから、児童ポルノ禁止法に抵触するのではと考えられたのだ。

 今回の改正案が施行されれば、同じように過剰な自主規制を市場が行うことも考えられる。

日本全国に波及する

 問題は「非実在青少年」の性描写の規制だけではない。改正案には、「何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する」という、児童ポルノの「単純所持」を禁じる条文も差し込まれている。

 そもそもの定義も曖昧な児童ポルノが、本人も知らないうちにインターネットを通じてパソコンに紛れ込んでいたら、それだけで条例違反となる可能性があるのだ。今後の運用次第では、「単純所持」が他の重大犯罪の捜査に利用される、いわゆる「別件逮捕」も行われかねない。

 青少年の健全育成を目的の一つに掲げるNPO「東京都地域婦人団体連盟」でさえも、今回の改正案に異を唱える。会長の川島霞子氏がこう言う。

「私は終戦を19歳で迎えました。そのため、出版物などの言論が徐々に締め付けられていくことの恐ろしさを、身をもって体験しています。憲法で保障されている『表現の自由』を条例で規制する今回の改正案は危ないと感じ、反対しております」

 この改正案の影響は、東京だけに留まらない。

「出版社のほとんどは東京にあります。だから東京の規制は全国に及ぶ。また、大阪府でも同じような規制をしようとする動きが出ています。この怪しい動きに、みんなが敏感にならないといけないのではないかと思っています」(前出・里中氏)

 現在、この改正案は継続審議中だ。6月の都議会で採決される。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら