photo by iStock

いま話題の「プログラミング言語を使わない」プログラミングとは何か

テックママの工作作家に聞く「親の心構え」

文部科学省が2018年3月に発表した新学習指導要領には小学校での「プログラミング教育」必修化などが盛り込まれ、巷では子供向けプログラミング教室の需要も高まっている。

2年後に始まる「プログラミング教育」はどんなものになるのか、親はどう心構えをしておくべきなのか。

子供向けプログラミングイベントのプロデュースなどを手掛ける太田志保氏に聞いた。

プログラミング教育は、プログラミング言語を覚えるための授業ではない

2020年から始まるプログラミング教育について説明すると最初に驚かれるのが「プログラミング教育は、プログラミング言語を覚えるための授業ではない」ということです。

文部科学省が発表した資料には次のように書かれています。

“小学校段階において学習活動としてプログラミングに取り組むねらいは,児童がプログラミング言語を覚えたり,その技能を習得したりといったことではなく,「プログラミング的思考」と呼ばれる論理的な思考力を育むことや,各教科等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身に付けさせることにあります”(「小・中学校新学習指導要領 Q&A」より)

学習指導要領にある内容は「論理的思考力の育成」です。「プログラミング言語の習得」とは書かれていません。

次に驚かれるのは「プログラミングの教科ができるわけではない」ということ。プログラミング教育は、国語や算数や理科など、従来の教科のなかでおこなわれることになります。

従来の教科のなかでも論理的思考が必要になる学習シーンはあります。ただ、それは国語の読解だったり、算数の図形などの問題を解くことの影になって気づきにくいものです。プログラミング教育での学習は「論理的思考力育成」を目的にすることで、より答えを探すための過程に重点を置いたものになるはずです。

プログラミングは、何度もトライアンドエラーして、自分なりの正解を探すものです。プログラミングをしながら自分で物事を組み立て、多方面から考え、実証してみることにより培われる論理的思考力が、これから大人になる子供たちには必要です。

【写真】ペッツであそぶ子どもたち
  PETS(次ページで紹介)でいろいろためしてみる