メディア・マスコミ

元衆院議員が明かす「選挙とカネ」の語られざる闇

細野豪志5千万円借入報道を受けて
井戸 まさえ プロフィール

「供託金」の原資

2017年の衆議院選挙は、候補者が負担する「供託金」についての扱いについても今までにはない対応が求められた。

通常、党の公認候補者の場合、小選挙区分の300万円は支給される公認料等の中から個人が出し、比例代表分300万円分は政党が出す、というのが常だった。

希望の党は小選挙区と比例代表のどちらも全額納付をすることが立候補の前提としていたが、それは立憲民主党も同じで、小選挙区、比例重複の両方の供託金を収めるよう促された。状況によっては小選挙のみという場合もあったらしいが。

希望の党に関しては、供託金分の選挙後、返金に関しての言及は曖昧だったため、候補者たちの中では返ってこないかもしれないという不安や不満が高まっていた。

前述したが、「党の方針に従って」希望の党への合流した候補者たち、つまりは「党の方針に従った場合」については前述の1500万円に加えて500万円がプラスされ、基本が2000万円となった。

そのまま希望の党が供託金分を個人の候補者に返還しなければ、候補者を通じて、民進党から希望の党へ資金が環流するともとられかねない。

そうした懸念もあってか、最終的には供託金分は返還されたが、この間まで同じ党で、同じような条件で活動していた候補者たちは、ゼロ、500万、1500万、2000万、それ以上と、資金的に濃淡のある状況で選挙を闘うことになった。

 

候補者の値段

比例代表の順位は党が決める。

通常は小選挙区で戦うものは同率1位。見込まれる議席数に応じて、単独1位、2位というのをはめ込むこともあるが、大抵は比例票の積み増しに尽力するだけの者を持っている力のある候補者である。 

昨年の衆院選で、あるブロックにおいて比例で優遇され、小選挙区候補よりも上位に位置づけられて、立候補と同時に当確がついたと言われた候補者もまた、対応に苦慮することとなる。

この比例単独候補の関係者が、ブロック内の小選挙区候補者の事務所を回り陣中見舞を置いていった。

「封筒あけて、ケッ、10万円かよと思った。自分ばっかり優遇されてごめんね、文句言わないでねという口止め代金だと思った。自分の上に比例単独候補がいるということは落選につながる。こっちにしたら死活問題。向こうにとっては、それぐらいの金は当選すればすぐにでも回収できると計算して配ったんだと思う」

一方で、希望の党の公認をそれこそ全く活動をしていなかった無名の新人にとられて、立憲民主党に移ることもせず結果的に無所属で闘った候補者は、選挙後しばらくして騒動の中心人物に呼ばれた。久しぶりの東京、議員会館だった。

15分も話しただろうか、封筒を渡された。断ろうかと思ったが、一体、自分たちがいくらで売られたのかを知りたいとも思った。

20万円だった。これが自分の候補者としての値段。

今後、この人だけは信じないと決めた、という。