【動画】高体連が隠蔽した「第2の日大タックル事件」衝撃映像

インターハイの男子ハンドボールの試合で、日大の「タックル」と同質、いやそれ以上に悪質なラフプレーがあった。その「証拠動画」をここに公開する。

日大アメフト部の監督・コーチがかかわったとされる悪質タックル問題が発覚してから約1ヵ月後の6月10日。インターハイ(全国高等学校総合体育大会)大阪府予選のハンドボール男子決勝戦で、特定の選手にひじ打ちしたり、首を抱え込んだりするなどのラフプレーがあった。試合前に選手同士がSNSで暴行を呼びかけていたこともわかった。

この事件について、高体連がとった「驚きの対応」については、次の記事本編をぜひご一読いただきたい。

→本編はこちらから http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56420