金融・投資・マーケット

2018年上半期IPOを振り返る~やっぱり目立つのは「あの企業」

新規上場社数は36社

今年も半分が過ぎました。今回は2018年上半期のIPOマーケットの総括をしてみたいと思います。 

上半期新規上場社数は36社、市場はマザーズが圧倒的

まず、 過去10年のIPO社数と、その年の大納会の日経平均終値をグラフにしました。2018年は6月29日終値現在です。
 

2007年、世界を巻き込んだサブプライム問題の表面化により、日経平均とIPO社数は下げに転じ、2008年のリーマンショックを機に日経平均が大きく下がるとともに、 2009年にはIPO社数は19社まで落ち込みました。

 

それ以降、日経平均は東日本大震災の影響を受けるも、IPO社数は7年連続で増加しましたが、一昨年通期は上場社数が前年を下回りました。 今年は上半期で36社が上場しており、昨年上期の39社とそれほど変わりませんが、今回、バリュエーションは大きく上昇に転じました。

このグラフを見るとIPOはやはりマーケット環境に大きく影響を受けると言ってよいでしょう。但しIPO社数はかつての150社を超える水準にはほど遠い状況です。

続いて上場社数です。

上半期の市場別のIPO社数は、マザーズが26社と全体の70%以上となっており、また昨年、一昨年上期同様、近年マザーズ上場の傾向が強くなっています。また上期は日本証券取引所参加の東証一部、二部、マザーズ、ジャスダックのみの上場であり、地方証券取所の上場はありませんでした。

主幹事トップは野村9社、2位はSMBC日興の8社

 

次に主幹事証券ですが、昨年に続き、野村が9社でトップとなりました。。2位はSMBC日興の8社、3位はみずほの7社と僅差となっています。SBIは、先日RIZAPの公募増資の主幹事を行うなど、既にネット証券という位置付けでなく、通常の主幹事候補先として認識されて来ているようです。