Photo by iStock
金融・投資・マーケット シンガポール

日本人とは根本思想が違う「シンガポールリッチのマネー哲学」

学ぶべきところ、大です

米朝首脳会談が行われたシンガポールのセントーサ島は超富裕層が住む別世界です。外国人が唯一土地付きで購入できるセントーサコーブは不動産価格が数十億円で、個人所有のクルーザーが停泊するエリアもあります。

フェラーリなどの高級車が多く、リゾートのカートでプライベートビーチまで行ける別世界が広がります。知られざる超富裕層の生態を拙著『シンガポールで見た日本の未来理想図』から一部ご紹介しましょう。

超富裕層の割合が世界2位 シンガポールの暮らし

ボストンコンサルティンググループの世界の家計金融資産に関する調査(2015)によると、国別で金融資産が1億ドル(約110億円)を超える超富裕層世帯の割合が多い国は、1位が香港(10万世帯あたり15.3世帯)で2位がシンガポール(同14.3世帯)と超富裕層の密度が濃い国です。

シンガポールでは所得税が低く、キャピタルゲインに対して税金がかからないので世界中から大富豪が集まります。また、贈与税や相続税もないので祖国の税制にもよりますが、子供や孫の代にも資産を引き継がせやすいのです。

Photo by iStock

シンガポールには有名な大富豪達がたくさん住んでいます。例えば、世界的な投資家ジム・ロジャーズ氏や長者番付でも上位にランクインされているフェイスブックの共同創業者であるドゥアルド・サベリン氏、スペインのサッカーチームのバレンシアのオーナーとして有名なシンガポールの投資家のピーター・リム氏などです。

長者番付トップは不動産デベロッパー業を営むファーイーストオーガニゼーションの子息達で約1兆の資産を保有しています。フォーブスの長者番付に名を連ねる大富豪の多くは不動産、投資家、石油取引、銀行業などが目立ちます。

 

シンガポールリッチ達はこうして生まれた

建国53年の若く、小さな国にも関わらずどうやって個人資産を増やしていくことができるのでしょうか。一つは収入に上限がなく税率が低いと言うことが挙げられます。

例えば、会社員だったとしても営業職の場合、年収1億円以上稼ぐことも可能で、所得税の最高税率も22%です。日本の場合は所得税の最高税率が45%で住民税が10%なのでその差は大きいです。

また、贈与税や相続税もなく、銀行口座も夫婦でジョイントアカウントを持ったり、一族でプライベートバンクに資産を預けて運用をしたりする人々もいます。種銭は大きいほど資産運用には有利になるために持てるものがより豊かになる仕組みが整っているのです。

日本では「相続が3代続くと財産はなくなる」と言うエピソードもあるほど相続税率は高く、最高税率は55%です。相続税法の「10年ルール」のために家族全員でシンガポールに移住する日本の富裕層もいるほどです。相続開始以前10年以上を相続人(被相続人)ともに海外に居住していた場合、海外資産は相続税の対象外になるからです。