〔PHOTO〕gettyimages
格闘技 エンタメ 日本

「浅倉カンナvs.RENA」再戦、勝つのはどっちだ?

置かれている状況の差を考えると...

わずか7ヵ月で再び

7月から9月にかけて、『RIZIN』3連戦が開催される。日程は次の通りだ。

『RIZIN.11』(7月29日、さいたまスーパーアリーナ)
『RIZIN.12』(8月12日、ドルフィンズアリーナ=愛知県体育館)
『RIZIN.13』(9月30日、さいたまスーパーアリーナ)

その第1弾となる『RIZIN.11』のカードが徐々に発表されている。6月8日の時点で決定しているのは次の5カード。

 

●MMAルール(60キロ契約)
堀口恭司(アメリカン・トップチーム)vs.扇久保博正(パラエストラ松戸)
●MMA特別ルール(73キロ契約)
五味隆典(イーストリンカンラスカルジム)vs.アンディ・サワー(オランダ)
●MMAルール(93キロ契約)
イリー・プロハースカ(チェコ共和国)vs.ブルーノ・カッペローザ(ブラジル)
●女子MMAルール(49キロ契約)
浅倉カンナ(パラエストラ松戸)vs.RENA(シーザージム)
●女子MMAルール(49キロ契約)
石岡沙織(禅道会)vs.山本美憂(KRAZY BEE)

このほか、那須川天心(TARGET)の出場も予定されている。

いまやRIZINのエースとしての風格が漂う堀口、再起戦を行う五味も気になるが、私がもっとも注目しているカードは、浅倉カンナとRENAの再戦だ。

昨年大晦日、「女子スーパーアトム級トーナメント」決勝で両者は対戦。2ラウンドにチョークスリーパーを決めた浅倉が勝利したわけだが、それから僅か7ヵ月で再び顔を合わせることになる。

〔PHOTO〕gettyimages

RENAにかかるプレッシャー

このカードが決定した直後には、こんな声が多く聞かれた。

「RIZINはRENAに肩入れし過ぎではないか。再戦が早過ぎる。浅倉には何のメリットもない」

その通りだと思う。

RENAは早期のリベンジチャンスを欲した。片や浅倉は、一度勝った相手とは闘いたくない。

つまり、これはRENAのために組まれたカード。だが、RIZIN女子部門をこれまで引っ張ってきたのがRENAであることを考えれば、納得できる部分もある。その想いは、浅倉にもあろう。だからこそ、再戦が実現することになったのだと思う。

〔PHOTO〕gettyimages

さて、この一戦、雪辱に燃えるRENAが有利との見方が強いようだが、果たして、そうだろうか?

私は、浅倉が有利と見ている。

打撃力で上回るRENAと、グラウンドで強さを発揮する浅倉の実力は、ほぼ互角だろう。

ただ、強くプレッシャーを感じるのはRENAの方だ。浅倉は、もし敗れたとしても1勝1敗。大晦日での「決着戦」を訴えることができる。しかし、RENAは負ければ後がない。「もう一丁!」とは言えないだろう。「エース浅倉、2番手RENA」の序列が明確化されてしまう。これまでに築いてきたものを一気に失うことになるのだ。

この置かれている状況の差は大きいように思える。

いずれが勝つにせよ好勝負は必至。スマックガール時代から十数年の時を経て、大きくレベルアップした「女の闘い」を堪能したい。