Photo by gettyimages
音楽

1ヵ月で2億再生!「This is America」の衝撃とクリエイターのたくらみ

ただのミュージックビデオではない

ヒップホップの流儀

ここのところ、アフリカ系アメリカ人のアーティストの動きが際立っている。

不思議と一つの時代の空気を作り出しているようにすら思える。

そう思ったのは“This is America”というMV(ミュージック・ビデオ)を目にしたからだった。前回取り上げたビヨンセ(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55525)や、ラッパー初のピューリッツアー賞を受賞したケンドリック・ラマーに続く衝撃だった。

チャイルディッシュ・ガンビーノは、ドラマ監督/脚本家/俳優として有名なドナルド・グローヴァーのラッパーとしての名であり――グローヴァー自身は「もう一つの自我(alter-ego)」と言っている――、この曲自体は、彼がホストとして出演した2018年5月5日夜の人気コメディショー「サタデーナイトライブ(SNL)」で初めて披露された。

 

それとほぼ同じタイミングでYouTubeで公開されたMVは、そこで表現された世界があまりにも衝撃的であったため、即座に話題を呼び、多くの議論を誘発した。

6月6日現在、YouTubeの再生数は2億3890万回を越えており、肝心の楽曲は、ビルボード・ホット100(5月19日付)で、ドレイクなど有名ラッパーを抑えて、トップにランクされていた。今、アメリカで最も注目される曲なのだ。

ともあれ何を語るにせよ、まずは実際にMVを見てもらうほうが早いだろう。

一見して、この曲/ビデオが、現代アメリカ社会における銃と黒人を巡るものであることは明白だろう。

銃殺した後、常に使った銃を黒人の少年に手渡しているところも、彼らに罪を押し付けたほうが話が早いことを暗示している。

こうした社会状況は、いわゆる“Black Lives Matter(BLM)”の運動に連なるもので、BLMは、アメリカで変わらず繰り返される、白人警官による黒人少年/青年に加えられる理由なき、あるいは短慮な暴力――最悪の場合は射殺――に対する抗議運動だが、このMVはそのような社会風潮を踏まえたものであることは間違いない。

ガンビーノがMVの中で演じるパフォーマンスだけでなく、白人警官が黒人少年を追いかける姿など、ガンビーノの背後で繰り広げられる様々なシーンにも注目すべきであり、その意味で、これはただのMVではなく、ビデオの映像まで含めての作品なのである。

つまり、ヒップホップの流儀は、ビデオの構成・制作の部分にまで及んでいる。

「白人」というカテゴリーの由来

その上で、見逃してはいけないポイントは、冒頭に表現された、19世紀中盤以降アメリカで大衆芸能になった「ミンストレル・ショー」の有名人物「ジム・クロウ」の格好を強調した場面だ。

身体をいったん奇妙にくねらせた上で、先ほどまで優雅にギターを奏でていた黒人のギタリストをわざわざ目隠ししてまで射殺する。その時の「奇妙な姿勢」が「ジム・クロウ」の姿そっくりなのだ。

このように開始早々、ジム・クロウのふりをした姿を強調することで、このMVが、現代のミンストレル・ショーであることを、まずは宣言する。

同時にこれが「ショー」であること、すなわち黒人が白人によって射殺される様子が、一つのスペクタクルと化していることを強調する。

しかし、その上で、そのスペクタクルを駆動している「なんちゃってジム・クロウ」が、ガンビーノという本物の黒人だったという「はぐらかし」まで組み込まれている。

ミンストレル・ショーとは、もともと白人が顔を黒く塗り黒人のふりをして行うコメディだった。そこでは黒人(のふりをした白人)の言動がいずれも嘲笑の対象とされることで、逆に、ヨーロッパ各地からアメリカに渡ってきた移民たちを、「白人」という言葉で一括りにする契機として機能した。

つまり、黒人という集団カテゴリーが立てられるからこそ、その対照として「白人」というカテゴリーが成立することになる。

それによって、アメリカの独立後に移民してきた、いわゆるブリテン島出身のアングロサクソン系以外の移民、すなわちアイルランドやヨーロッパ大陸のドイツやイタリア、あるいはユダヤ系の移民をも、等しく「白人」として一括りに捉える視点を確保することができた。

黒人=アフリカ人が存在することで、はじめて白人=ヨーロッパ人という括りが生じた。それは19世紀を通じて、アメリカのナショナリズムを支える一つの鍵として機能していくことになる。

新メディア「現代新書」OPEN!