Photo by iStock
エンタメ 週刊現代

読書ゼロの大学生に教えたい「読書を苦痛から楽しみに変える方法」

大事なのは「フレームワーク」の違い

二極化がすすむ学生の読書習慣

読書をしない大学生が増えているという。

〈1日の読書時間が「ゼロ」の大学生が2017年、初めて5割を超えたことが26日、全国大学生協連合会の調査で分かった。一方、「読書をする」という大学生の平均読書時間は1日あたり51・1分で前年より2・5分延びており、「二極化」が進んでいるようだ。

調査は昨年10~11月、大学生協を通じて、全国の国公私立30大学の学生を対象に実施し、約1万人から回答を得た。その結果、1日の読書時間が「0」と答えた学生は53・1%で、前年より4・0ポイント増加。この5年間で比較すると、18・6ポイントも増えていた。

読書時間を「120分以上」と答えた学生は5・3%で、10年以上にわたってほぼ横ばいで続いている。同連合会は「大学生になって本を読むかどうかは、高校生までの読書習慣で決まっているのではないか」と分析している〉(2月26日「朝日新聞デジタル」)

最近の大学生はスマホばかり見ているので読書時間が減っているとの見方があるが、それよりも理系、医歯薬系の学生の読書離れが深刻なようだ。

〈同志社大学学習支援・教育開発センターの浜島幸司准教授が調査を分析したところ、「読書時間の減少にスマホの直接的な強い効果はみられない」という結果が出た。

むしろ、読書時間の短さには、文系よりも理系、医歯薬系といった属性が関係していた。読書時間「ゼロ」が増えた背景には、入学前に読書習慣がない学生が多いことに加え、入学後も読まない学生が増えていることがあり、浜島准教授は「読書習慣を身につけさせる施策(実践)が必要だ」と指摘する〉(3月19日「朝日新聞デジタル」)

京都大学の鎌田浩毅教授は、読書が嫌いな理科系の学生を念頭に置いて実効性のある読書術を提示する。

〈読書術でもっとも大事なことは、その技術が簡単でなければならないということである。すなわち、読者が現在行っている読書術よりも新しい読書術のほうが楽なときに、はじめて採用できる。使うエネルギーのより少ないものでなければ、わざわざ新しい方法を実行することはないのだ。

(中略)世のなかには読書術について述べた本がたくさん出版されている。そのなかにはよく書かれている本もあるが、かなり面倒でとても実行できない方法が多い。

その本の著者自身は大変几帳面だから実行できるのだろうが、「私には到底無理だ」と思わざるをえない本が多数ある。

これに対して、本書で提示したのは、ズボラで常に楽をしたがる人に向けて私が編みだした、理系的な手抜き読書術なのである。

楽をするというのは、科学技術の基本にある考え方である〉

新メディア「現代新書」OPEN!