Photo by iStock
企業・経営 メディア・マスコミ

「既読=読んだ」ではない…ビジネスLINEのマナー教えます

不可欠なツールだからこそ

LINEのメリット・デメリット

仕事でLINEを使うかどうかは、職場によって大きく異なります。ひと昔前までは「LINEはあくまでプライベートなもの」「リスクもあるし仕事で使うなんてとんでもない」という風潮もありました。

2017年の時点でも、約6割のビジネスマンが「仕事で使いたくない」と答えたデータがありましたが、LINE自体のサービスが進化していること、普及率の高さや利便性から、仕事で使うケースは目に見えて急増しています。

では、そもそもLINEには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょう?

 
LINEのメリット
・手軽に連絡できる(時候の挨拶などが不要)
・距離が縮まりやすい
・画像を送りやすい
・グループでのやりとりが簡単で一元的
・ノートやアルバムでの情報保存が可能
・相手が読んだかどうかがわかる
・サービスやセキュリティが日々進化
LINEのデメリット
・フランクすぎる、カジュアルすぎる
・24時間受け取れるのでプライベートな時間に食い込む
・セキュリティが強化されているとはいえ、情報管理には注意が必要
・長文が読みにくい
Photo by iStock

このように、LINEはスピード感のある今のビジネスで使うメリットは十分にあります。

ただ、LINEはまだビジネスでのコミュニケーションツールとしての歴史が浅く、マナーが確立されていません。また、学生時代からどっぷりLINEでコミュニケーションしてきた世代と、最近家族に促されてようやく始めた世代では価値観がまったく違います。食事のお礼がスタンプひとつだった、は当たり前。

「辞意をLINEで送ってきた」というケースも決して笑い話ではありません。

せっかく便利なツールなのですからお互いに気持ちよく、そして仕事がスムーズに進むように使いたいものです。今回はそのポイントをご紹介します。

新メディア「現代新書」OPEN!