〔PHOTO〕iStock
メディア・マスコミ 学校・教育 不正・事件・犯罪

いじめ研究の第一人者が問う、日本の学校が染まる「全体主義」の核心

だから「いじめ自殺」が起きてしまった
日本の学校から『いじめ自殺』がなくならない根本理由」で福井県の中学校で起きてしまったいじめ自殺事件を分析した、いじめ研究の第一人者・内藤朝雄氏。このケースでは発達障害がひとつのポイントになっている。日本の学校が染まる「全体主義」とあわせて考える。

いじめ自殺と「発達障害」

昨年起きた、福井県の中学校2年生のいじめ自殺問題。事故等調査委員会がまとめた調査報告書は現時点でもっとも良心的な部類といえる。そのなかに、精神医学が入っている。

精神医学と学校の集団教育は相互に影響しあってきた。これを観察することから「学校の全体主義」の真髄が見えてくる。

本稿(中編)では、まず、精神医学が学校の色に染め上げられる事態と、そこから見えてくる全体主義の形を明らかにする。

学校の色に染め上げられた精神医学の挙動を観察することから、ポルノ的ともいうべき学校の全体主義、さらに全体主義そのものの本質が、くっきり見えてくる。

 

次に、近年精神医学で勃興してきた「発達障害」という概念について考える。そこから、人間の遺伝的・神経生物的多様性と「障害」概念についてコペルニクス的転回を試みる。

筆者はDSM-5の「神経発達障害」という概念を棄却し、それを<発達-環境>調整障害スペクトラムという新概念に代えることを提唱する。

そして現在学校関連でなされる多くの診断については、

診断名:<発達-環境>調整障害スペクトラム・環境帰責型(学校タイプ)

という、もっぱら環境側にある「障害」を問題化する診断を提唱する。

〔PHOTO〕iStock

信じられないような価値の転倒

まず最初に、学校の色に染め上げられた精神医学について典型的な事例を示そう。

学校が精神医学を染め上げる仕方から、学校の奥深い全体主義の本質と、さらに全体主義そのものの本質を見て取ることができる。

事例となるのは、大学病院精神科教授若林慎一郎と榎本和による論文「他罰的な子への嫌がらせ」である。若林は児童青年精神医学を牽引してきた人物でもある(1991年~1994年 日本児童青年精神医学会理事長)。

彼らが書いた内容は、次のようなものだ。

【事例1:他罰的な子へのいやがらせ】
 若林らのもとに、「登校拒否」の中学生E子が来院した。
 優等生のE子が通うのは、「いじめやいやがらせが横行する」「地域でも校内暴力で有名」な中学校で、さらに一番「悪い」と言われているクラスである。暴力グループに付和雷同する学級集団は、正義感の強いE子にとっては不正がまかりとおる場である。
E子は「教科書で頭を叩かれたり、足を引っかけられたりするなど、⋯生傷が絶えない」。それでもE子はいじめ加害者に屈服しないで逐一反撃する。それがさらなるいじめを誘発する悪循環を形成する。「保護者会で母親は、成績はよいが性格が悪いと言われた。E子としてはいやな人たちばかりだからしゃべらないだけだ」。このような状況下でE子は学校にいかなくなる。
 若林らの「初診時所見」は次の通りである。
 「⋯可愛らしいというよりは、気が強そうできつい子といった印象を受ける。学校のことや教師、生徒に対する不満がいっぱいという感じで、よくしゃべるが、他罰的で、少しふてくされたような態度がみられ、誤解を受けやすい子のようにも思われる。E子自身も、トイレに閉じこめられたり、仲間はずれにされた時に、泣けばよいのだけれども、『私は泣かない、それで、皆から同情されないと思う』と述べている」。
 さらに若林らは、次のような言葉を用いてE子を臨床記述する。
 「依怙地で他罰的」
 「弾力性の乏しい態度」
 「クラスや学校に対して協調的な態度がとれない」
 「クラスへ適応しようという気持ちがないようで、周囲を寄せ付けない」
 「E子の性格に問題がある」
 「E子の非協調的な態度をE子にいかに自覚させるかということが課題である」。
 (若林慎一郎・榎本和「他罰的な子へのいやがらせ」メンタルヘルス研究会編『メンタルヘルス実践体系5 いじめ・自殺』日本図書センター、1988年 )

ここには、正気の社会からは信じられないような価値の転倒がある。

若林らは、人に暴力をふるって楽しむ嗜虐者たちを異常視しない。逆に、自分に暴行を加える迫害者(およびその勢いに同調する学級集団)をはっきりと「敵」、「悪」、「赤の他人」と認識する女子中学生の方を異常視する。

そして、自分に暴力をふるい、苦しむのをながめて楽しむ加害者たちを、共に生きるクラスの仲間とみなして自発的に「寄せつけ」、学級集団の大いなる共生に順応するよう「性格の問題」を直すのが、治療の目標であるとしている。

まるで集団レイプされている人に、「気持ちよくなれず、加害者を寄せつけないあなたは精神医学的に問題がある。こころとからだの底から加害者と<共に響きあって生きる!>ことを受け入れようとしない冷感症を治療する」、と言っているようなものだ。

若林らがしていることは、旧ソ連の精神科医が共産主義に逆らう人を精神病とするのと同じである。

上で紹介した文章を読めば明らかに、若林らがE子を異常視する判定ポイント(精神医学的に正常と異常を分ける基準点)は、E子の存在が深部から<学校のもの>になっているかどうかである。

若林らは、こころとからだの深いところから<学校のもの>になって共に生きようとしない、E子のまつろわぬこころを医療の対象とする。学校の生徒でありながら、学級集団に染めあげられないE子は、精神科で治療しなければならない。

若林らの精神科医および精神医学指導者としての言動は、精神医学が学校の色に染め上げられた局面を鮮やかに示している。

新メディア「現代新書」OPEN!