ゴロフキンの「衰え」が真実かウソかを判断するときがきた

ビッグファイトの展望

ゴロフキン戦の見どころ

5月最初の2週の間に、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)というボクシング界のトップスターが相次いでリング登場する。

残念ながらサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)の薬物問題でゴロフキン対カネロ戦はキャンセルになったが、それでもゴロフキンは代役挑戦者との防衛戦が決定。36歳になった怪物パンチャーは、気を緩めることなく代役のバネス・マーティロスヤン(アメリカ)を撃退できるのか。

“現役最強”と称されることも多くなったロマチェンコは、ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)との超絶テクニシャン対決を印象的な形で突破できるのか。今回は楽しみなこの2試合を展望し、見どころを探っていきたい。


5月5日 カリフォルニア州 スタブハブセンター
WBA、WBC世界ミドル級タイトルマッチ
王者

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン/36歳/37勝(33KO)1分)
vs.
バネス・マーティロスヤン(アメリカ/31歳/36勝(21KO)3敗1分)

前回のコラムでも述べたが、今戦はやはりゴロフキンが圧倒的に有利と見られている。マーティロスヤンは実力者ではあるが、ミドル級での実績は皆無な上に、約2年ぶりの実戦。

 

このような条件で階級最高クラスの選手に勝った例となると、1987年のミドル級王者マービン・ハグラー(アメリカ)にシュガー・レイ・レナード(アメリカ)が勝った試合くらいしか思い浮かばない。だとすれば、急造のタイトルマッチはやはり王者が順当に勝ち抜くと考えるのが妥当に違いない。

もっとも、マーティロスヤンの独特のリズムとシャープなパンチは厄介ではある。加齢とともに最近のゴロフキンは反応にやや鈍りが感じられるだけに、特に前半はアルメニア系米国人の右で顎を跳ねあげられるシーンも散見するだろう。

一部で予想されている以上に苦しみながらも、強靭なジャブとパワーにモノをいわせて王者が徐々に試合を優位に進めていく。同じく下の階級から上がってきた一昨年のケル・ブルック(イギリス)戦と似たような流れと結果を筆者は想定している。そして、「ほころびが見え始めた」と指摘されたブルック戦同様、今回の試合内容でゴロフキンは再び酷評されることもあるかもしれない。

カネロとの再戦は…

(不本意にもドローとなったカネロとの一戦から半年以上が過ぎ、ゴロフキンがリングに戻ってくる Photo By Tom Hogan/Hogan Photos/Golden Boy Promotions)

カネロが出場できなくなった時点で、今年のシンコ・デ・マヨ興行はビッグイベントではなくなった。ゴロフキンが無事にこの調整試合をクリアしたとして、その後にどんなシナリオが敷かれるかにも注目が集まる。

「私たちには再戦を挙行する意思がある。(ゴロフキンのプロモーターの)トム・ローフラー氏とはコミュニケーションをとっている。5月5日の興行後、すぐに再戦を組み直すための交渉を始めることになるはずだ」

カネロを抱えるゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)のエリック・ゴメス社長は、Boxingscene.comの取材にそう答えている。

8月中旬にカネロの出場停止処分が解けるのを待ち、GBPの思惑通り、9月のメキシコ独立記念日週末にゴロフキン対カネロの再戦が仕切り直しとなることは既定路線と思われている感がある。ただ、現場の関係者の話を聞く限り、必ずしも確定事項とは言い切れないようではある。

この規模のビッグマッチの交渉をまとめ、プロモーションを行うのに、5~9月という4カ月のインターバルはもともとやや短い。それに加え、5月の試合が寸前キャンセルという形になったのだから、両サイドに多少のわだかまりが生まれているのは当然。特にゴロフキンは薬物問題では珍しくかなり激しくカネロを罵っており、これまでほど条件面で譲歩はしないかもしれない。

報酬、開催地だけでなく、厳密な薬物検査の方法まで含め、決めなければいけないことは山積み。興行的には明白な“Bサイド”のゴロフキン陣営が強硬姿勢に出た場合、交渉が停滞しても驚くべきではない。

ローフラー社長が常に冷静なのは心強いが、長く強豪から避けられた上に、人生最大のファイトが相手の過失で流れ、溜まりに溜まった憤りをついに爆発させているゴロフキンの心情は気になるところ。“因縁の再戦”がまとまるかどうかはダニー・ジェイコブス、ジャマール・チャーロ(ともにアメリカ)、村田諒太(帝拳)といった同階級の他の強豪たちの今後にも密接に関わってくるだけに、最後まで目が離せない。

GBPは5月4日に同じスタブハブセンターで自前の興行を予定しており、今週末に因縁の両陣営は再び対面することになる。ここで両者はどんな姿勢を取り、ゴロフキンはマーティロスヤン戦後にどういったコメントを残すか。今週末は“ビッグファイト”とは言えなくとも、試合後の会見にまで大きな注目が集まる興味深いイベントになりそうだ。