〔PHOTO〕gettyimages
政治政策 メディア・マスコミ 憲法

これでわかる「憲法9条」の本当の論点〜なぜいま「改正」なのか?

解釈が曖昧だとムダが多い

憲法9条の解釈を確定させよう

憲法9条の改正の目的は、はっきりしている。

解釈を確定させることである。

解釈が曖昧なまま放置されているため、国政に壮大な無駄があることも放置されている。

改憲問題の中心である憲法9条の解釈は、特に混乱している。

自衛隊は合憲なのか違憲なのか、自衛権行使は合憲なのか違憲なのか、集団的自衛権は合憲なのか違憲なのか、それぞれが合憲だった場合には、その合憲性の範囲はどう定められるのか、これらの国家運営に重大な意味を持つ問いについて、統一的見解が確立されているとは言えない。

政治家や行政官は、法律の適用にあたって、何度も何度も立ち止りながら仕事を続け、解釈が曖昧であることがもたらす無駄を引き受けてきた。時には誤魔化しとしか言えない行為をするのに時間を使ったこともあったかもしれない。

私の専門分野にかかわる国際平和協力活動を例にあげれば、国民の多くが支持している政策課題なのだが、実際には十分に実施できていない。やったことをそのまま素直に言葉にすることもできない。

根本的には、憲法9条の解釈が複雑だ、という問題があるために、政治行政の隅々にまで悪影響が及び、壮大な無駄が積み重ねられてしまっている。

 

「日報」問題は、その如実な例だろう。「戦闘」という漢字二文字が「日報」にあった云々といった議論をするのは、あまりにも浅薄だ。

他方、問題になりそうなことは避けたい、という気持ちが、政策執行側になかったとは言えないだろう。そこで要領を得ないやりとりが、延々と続いていくことになる。

本来、憲法条項の解釈が不明瞭なまま、健全な政策が実施できるはずはない。

ところが冷戦時代には、固定化されたイデオロギー対立をやり過ごそうとするあまり、解釈はむしろ曖昧なままのほうがいい、などという奇妙な風潮があった。

しかし今の日本には、そんなのんびりした態度をとり続ける余裕はない。

日本は、低経済成長状態で巨額の財政赤字を抱えながら、人口減少・少子高齢化の時代に突入している。国際情勢も、冷静時代とは、根本的に異なる環境が生まれている。

解釈が曖昧な憲法条項による無駄を是正せず、国力を摩耗させ続ける余力はないはずなのだ。

だが、現実には、冷戦時代を生き抜いてきたイデオロギー戦士たちの果てしない闘争が続いており、やるべきことをやることができない状態が続いてしまっている。