Photo by Getty Images
企業・経営

孫正義氏はなぜソフトバンクを「子会社上場」させるのか

資金調達に「異変」が起こっている…?

今年の1月、ソフトバンクグループ(SBG)は傘下の携帯事業会社ソフトバンク(SBKK)を東証一部に上場させる方針発表し、現在、年内の上場に向け、東証などと近く本格的な調整に入った。資金調達額は2兆円程度で、過去最大規模の新規株式公開(IPO)になる見込みといわれる。財務体質の悪化を避けつつ、調達した資金を新たな成長分野へ投資するのが目的らしいが、今回は親子上場の論点と取引所規則について、考えてみたい。

親子上場の何が問題とされてきたか

親子上場とは、ある会社の支配権を持つ親会社と、その親会社に支配される子会社が同時に上場していることを指すが、まずは親会社、子会社の定義を確認する。

東証では、親子上場を規則上認めている。

上場審査に係る「親会社等」の定義は財務諸表等規則第8条3項に定められており、要約すると「親会社とは、他の会社等の財務及び営業又は事業の方針を決定する機関(株主総会その他これに準ずる機関をいう)を支配している会社等をいい、子会社とは、当該他の会社等をいう」ということになっている。

 

親子上場では常に親会社と子会社の少数株主との利益相反や、親会社から見た子会社少数株主への利益流出などが課題とされており、私も過去に何社か、実務でその課題解決に携わって来た。

上場審査の形式基準では、東証一部の場合、「流通株式が35%以上あること」だけである。

※新規上場審査で流通株式と認められない株式
・上場会社(自己株式)
・上場会社の役員
・上場株式数の10%以上を所有する者又は組合等
・上場会社の役員の配偶者及び二親等内の血族
・上場会社の役員、役員の配偶者及び二親等内の血族により総株主の議決権の過半数が保有されている会社
・上場会社の関係会社およびその役員

一方で実態基準として、特に子会社の上場については、親会社に依存することなく、独立した事業運営が可能か否かが、審査上重要であり、ヒト、モノ、カネ、情報等すべてにおいて、一定の定量的な数字をクリアしなければならず、それなりにハードルが高い項目もある。

具体的には、親会社から出向していた主要部門長を転籍させたり、親子間で取引を行っていた場合、その商取引の価格含めた取引条件が第三者と取引を行う場合と、遜色のないものに条件変更したり、役員構成の過半数を親会社出身以外の人間にすることが必要になる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら