Photo by gettyimages
防衛・安全保障 国際・外交 中国 アメリカ 北朝鮮 ロシア

トランプの本気に動揺した金正恩が「首脳会談中止」を恐れている

さて、米国の要求にどう答えるか

次期国務長官「極秘訪朝」の意味

米国フロリダ州で開かれた日米首脳会談で、安倍晋三首相とトランプ大統領が北朝鮮に対する「最大限の圧力」を維持することで一致した。これに対抗するように、北朝鮮はロシアとの連携を模索している。これから事態はどう動くのか。

安倍首相とトランプ大統領は4月17日(米国時間)の会談で、北朝鮮の核とミサイルについて「完全かつ検証可能で不可逆的な方法」で廃棄を目指す方針を確認した。日本人拉致問題についても、大統領は米朝首脳会談で提起する考えを明言した。

会談でもっとも注目されたのは、大統領が「極めて高いレベルによる北朝鮮との協議」を記者団に明かした部分だ。

同日付のワシントン・ポスト紙などは「ポンペオ中央情報局(CIA)長官が3月末から4月1日のイースター(復活祭)休暇にかけて極秘に訪朝し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と協議していた」と報じた(https://www.washingtonpost.com/politics/us-china-trade-dispute-looms-over-trump-summit-with-japans-abe/2018/04/17/2c94cb02-424f-11e8-bba2-0976a82b05a2_story.html?noredirect=on&utm_term=.20bbb19f4f51)。

その後、大統領自身もツイッターでポンペオ氏の訪朝を認めた。ただ、ツイッターによれば、訪朝時期は「先週」とされている。そのうえで、大統領は「(交渉が)うまくいかなければ、強い姿勢で臨む。会談自体が開かれないこともありうる」と語った。

こうした展開をどうみるか。

 

そもそも首脳会談の前に事務レベルで「地ならし協議」があるのは確実、とみられていた。だが、まさかCIA長官が訪朝していたとは驚きだ。ポンペオ氏は国務長官への就任が決まっている。「対北交渉は国務省でなくCIA主導」という見方があったが、それが裏付けられた形でもある。

少し前には「米国が北朝鮮の非核化の意思を直接確認した」という報道もあった(たとえば、https://mainichi.jp/articles/20180410/ddm/007/030/160000c)。これはリークに基づく記事だったろうが、その中身がポンペオ・金正恩会談だったのだ。

いったい、ポンペオ氏と正恩氏は何を話し合ったのか。

まず、単なる首脳会談の段取り相談であるわけはない。会談自体の中止もありうる前提での話だからだ。となると、双方が核とミサイル問題について「原則的立場」を述べ合ったのは確実である。互いに初対面から譲歩するわけがない。

そのうえで、あえて言えば、私は「いまはトランプ政権が北朝鮮の言い分を押し戻している局面ではないか」と読む。なぜか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら