〔PHOTO〕gettyimages
政治政策 国際・外交 世界経済 中国 アメリカ

習近平がアジア最大級の会議で披露した「自信満々スピーチ」その全容

「この国は米国を逆転する」

グローバリゼーションの牽引役として

「中国の開放の大門は、閉まることがない。ただますます大きく開くだけだ!」

習近平主席の自信に満ちた声が会場に響くと、2000人以上の参加者たちから、割れんばかりの拍手が起こった。

先週、米中貿易戦争の舞台は、中国最南端の島、海南島に移った。4月8日から11日まで、「中国版ダボス会議」ことボーアオ・アジア・フォーラムが開かれたからである。

ドゥテルテ・フィリピン首相、李顕龍シンガポール首相、フレルスフ・モンゴル首相、グエン・ベトナム首相、アバシ・パキスタン首相らが、前方の「貴賓席」に陣取った。

 

いや、忘れてならない「貴賓」が、もう二人いた。グテーレス国連事務総長と、ラガルドIMF専務理事である。

世界政治と世界経済の責任者である二人は昨年来、明らかにアメリカよりも中国に「傾倒」している。政治的に見れば、アメリカは相変わらず自由民主主義陣営の超大国で、中国は社会主義の一党独裁国家である。だが経済的に見れば、中国は世界の自由貿易とグローバリゼーションの牽引役であり、アメリカは保護主義と一国主義の鎖国国家となりつつある。

特に、トランプ大統領が3月22日に、中国からの輸入品に対して600億ドル(約6兆3300億円)規模の関税を課すと発表してからは、ますますアメリカは世界経済の「ヒール役」である。逆に中国は、「自由貿易とグローバリゼーションの最大の保護者」となっているのである。

そんな中で、4月10日午前9時半、習近平主席が40分にわたる基調演説を行った。タイトルは、「開放し共に創る繁栄、新たに創りリードする未来」。その要旨は、以下の通りだ。

〔PHOTO〕gettyimages

「海南島の民歌に、『久しく会っていなかったり、会っていたり。久しく会っていても、また会いたくなる』という歌がある。今日皆さんにお会いして、私は非常に嬉しい。

ボーアオ・アジア・フォーラムは設立以来、アジアに軸足を置いて世界を見据えながら、アジアのコンセンサスを堅固にし、経済のグローバル化を推進してきた。今大会は、『開放とイノベーションのアジア、繁栄と発展の世界』をテーマにしている。

2018年は、中国が改革開放政策を始めて40周年であり、海南省が経済特区になって30周年だ。海南省はまさに『改革開放によって生まれ、改革開放によって栄える』。

1978年に、鄧小平先生がリードして、改革開放政策を始めた。いまや中国は、世界第二の経済大国、世界一の工業国、世界一の貿易国、世界一の外貨準備国となった。この40年の平均成長率は約9.5%で、対外貿易額の成長は平均14.5%に上る。そしてその間、7億人以上を貧困から救った。これは同時期の脱貧困人口の7割以上を占める。

この40年来、中国の特色ある社会主義の道を歩んできた。社会主義市場経済の改革の方向を堅持し、その実践を成功させ、中国の力量を示してきたのだ。

そうした中で、WTO(世界貿易機関)に加盟し、『一帯一路』(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)を各国と共に作ってきた。中国は長年、世界経済の成長への貢献率で3割を超えている。

いまや中国人民は誇らしく言う。『改革開放は中国の第2次革命の場であり、中国を深く変えただけでなく、世界に深く影響を与えたのだ!』。

『天行には常理があり、それに合わせて治めれば則ち吉となる』(荀子)。中国の改革開放は、時代の潮流に合わせて成功したのだ。中国人は2500年以上前に、『民に利するのに古(いにしえ)の法による必要はなく、事を成すのに俗習による必要はない』(淮南子)ということを知っていた。変革を排斥したりイノベーションを拒絶していたら、時代に置いていかれ、歴史に淘汰されてしまう。

歴史の潮流に合わせて、私は人類運命共同体の構築推進を提唱してきた。幸い、ますます多くの国と人民が共感してくれるようになり、国連の重要文件にも組み入れられた。各国の人民が協力し、人類運命共同体の構築に努力し、平和、安寧、繁栄、開放、美麗のアジアと世界を共に創っていこうではないか。

同じ舟に乗って助け合い、提携でウィンウィンを目指し、開放型の世界経済を構築する。G20(主要国・地域)を強化し、APEC(アジア太平洋経済協力会議)などの協力を進め、貿易と投資の自由化と利便化を推進し、多角的な貿易体制を維持、保護する。新技術、新業態、新模式を共同で作り、経済のグローバル化がさらに開放、包容、普遍的恩恵、平衡、ウィンウィンの方向に発展していくよう推進していくのだ。

新生・ブルーバックス誕生!