メディア・マスコミ 宗教 大相撲

相撲協会が「女人禁制」をいまだに徹底する理由

伝統的神事と近代スポーツの二面性
岡本 亮輔 プロフィール

わんぱく相撲が問いかけたもの

土俵の女人禁制が最初に大きく報じられたのは1978年だ。

きっかけは子供が出場するわんぱく相撲である。わんぱく相撲では東京各地で予選が行われ、それぞれ上位に残った代表が国技館の決勝大会に進む。

この年、荒川区では女子小学生が準優勝したが、大会規約には、女子が代表になった場合には決勝大会には進めないとあったのである。

この件をめぐり、労働省の局長を始めとする3人の女性官僚が当時の日本相撲協会理事に申し入れをした。

官僚側の「女性不浄視が理由なのか」という問いに対し、当時の伊勢ノ海親方らは「土俵は練磨の場であり、そもそも選ばれた者しか上がることはできず、女性蔑視は無関係である」と答えた。

女性官僚側はこの答えで引き下がっているが、男子小学生は上がれて、女子は上がれないという論理が破綻しているのは明らかだ。

 

わんぱく相撲問題は尾をひく。

1991年、全国規模でわんぱく相撲が開催されたが、徳島県美馬郡の予選で女子小学生が優勝した。だが、国技館の決勝大会には女子は進めないとされ、全国大会出場権を意味する優勝メダルは準優勝の男子に渡された。

これについて、大会を主催した東京青年会議所が、大会はそもそも男子が対象であり、地方大会だけは地域親善の意味合いが強いため女子参加を認めているというよく分からない主張をしている。

こうした曖昧な態度は現在まで影響している。今月8日に春巡業「富士山静岡場所」で恒例の「ちびっこ相撲」が行われたが、4日前に相撲協会から女子は参加しないようにという要請があったというのだ。相撲協会が本場所と巡業の区別がつかなくなっていることがうかがえる。

日本では女人禁制は特に宗教と深く関わってきた。

女性の不浄視に由来するものもあれば、修行などで男女を区別するために男子禁制・女子禁制の双方があったが、男子禁制の尼寺が減少することで女人禁制だけが目立つようになったケースもあり、一概には言えない。

いずれにせよ、明治維新以降の近代化と共に前近代的な禁制は少しずつ解除されてきたが、それと同時に、近代化が進展するがゆえに、新たに禁制が発見・強化されるケースが存在する。

そして大相撲は、伝統的神事と近代スポーツの双方を含みもつため、禁制とその解除をめぐる議論が起きやすい場であると言えるだろう。

新生・ブルーバックス誕生!