photo by iStock

発掘スクープ! 「パフェの日」に隠れた驚愕の秘話

編集部員が気づいた「信じがたい偶然」

「パフェの日」の由来を知っていますか?

きょう、6月28日は日本では「パフェの日」とされていることはご存じですか? 
あっ、よくご存じで! では、そう決められた理由については、いかがですか?

この質問は本題ではありませんので、さっさと答えを明かしてしまいましょう。
「パフェ」とは、そもそもフランスの料理人が、「完全なデザート」をめざしてつくったものでした。そのためフランス語で「完全な」という意味の 「parfait」(フランス語の発音では「パルフェ」)と名づけられ、その英語読みの「パフェ」が一般に広まりました。

 

さて、日本のスイーツ業界が「パフェの日」を定めるにあたり、「完全」に関係のある日にしようということになりました。そこで選ばれたのが、巨人軍の藤本英雄投手が1950年に日本で初めて完全試合を達成した6月28日だったのです。なるほど~。 

  藤本 英雄 投手

……と、ここまではテレビやネットでもときどき話題にされている話で、あの林修先生も知っていました。本題は、ここからです。

ブルーバックス編集部のYはある日、テレビでこのことを知っていたく感心し、翌日、さっそく編集部でこの話をドヤ顔で語りました。
ところが、そのとたん、聞いていた部員Zが、

「えーっ! 信じられない!」

と、驚きの声をあげたのです。これには逆に、Yのほうがびっくりしました。

ここからが本当の問題です。「パフェの日」の由来を聞いた編集部員Zは、なぜ驚いたのでしょうか? 少しのあいだ、考えてみてください。

ヒントは「Zは数学オタク」です。