一連のディーゼル不正に抗議する活動家たち〔PHOTO〕gettyimages
政治政策 企業・経営 メディア・マスコミ ドイツ EU

VW社の合法的「毒ガス実験」に憤るドイツ社会の病理

政治はいつしか勧善懲悪の世界に

サルと人間を使った実験!?

排ガスの値をコントロールする不正ソフト搭載で顰蹙を買ったフォルクスワーゲン社が、今年の1月の終わり、またまたメディアを賑わせた。「動物と人間」を使っていかがわしい「実験」をしたからだそうだ。

「新聞記事によれば、サルだけでなく、人間までもが、排気ガスのテストにおいて二酸化窒素の有毒ガスに晒された」(シュピーゲルのオンライン版・1月29日)

「自動車ロビーは、排気ガステストに人間まで使った模様」(フランクフルター・アルゲマイネのオンライン版・1月29日)

「フォルクスワーゲンの監査役会の会長が実験についての説明を要求」(南ドイツ新聞のオンライン版・1月29日)等々。

 

「ドイツ」と「毒ガス」というと、もちろん強烈なネガティブ連想に結びつく。それどころかDeutschlandfunk(ドイツ国営のラジオ放送)では、わざとその連想を促すような報道までなされた。

「有毒なガスを人間に吸わせる」「歴史を振り返ってみれば、とても、とても恐ろしいこと」(1月29日)。

私の知る限り、大手メディアのうち、火消し役に回ったのは第一テレビだけだった。

「こういう実験は必要であり、被験者の健康への影響はほとんどない」(オンライン版・1月29日)。

しかし、それでも火は消えず、2月2日には議会において緑の党の要求で、「サルと人間を使っての実験についてのドイツ政府の姿勢」が問われた。

なぜ、この大騒ぎが起こったかというと、どちらの実験もEUGT(環境と交通セクターにおける健康のための欧州連合)という研究機関がスポンサーとなっており、そのEUGTを設立したのが、フォルクスワーゲン、BMW、ダイムラー、ボッシュなど自動車関連企業であったためらしい。

ただし、サルを使った実験と、人間を使った実験のあいだには、何の関係もない。

〔PHOTO〕gettyimages

道を歩いているとき同じ濃度なのに…

まず、サル実験はアメリカで実施。サル10頭に4時間のあいだフォルクスワーゲン(ビートル)の排気ガスを吸わせた。といっても、実験中にサルのいる部屋が刻々と排気ガスで満ちてくるわけではない。実際、4時間後、サルたちは元気だったし、実験自体も合法だ。

そもそも実験の目的は、ディーゼル車がクリーンだと証明することであった。サルが病気になっては元も子もない。

ただ、動物愛護の呼び声高い昨今、こんな実験は宣伝効果としては完全に逆効果であるということに、フォルクスワーゲン社が気づかなかったところが、罪であったと言えば、罪と言えるだろう。

新生・ブルーバックス誕生!