医療・健康・食

医者が警告「動物由来感染症」の恐怖~あなたの愛犬もかかってるかも

覆面ドクターのないしょ話 第11回
佐々木 次郎

オウム病で妊産婦の死亡例が相次ぐ

次に犬について。その前に……。

今から40年前の1978年、映画「キタキツネ物語」が公開され、大好評を博した。ところが北海道出身の友人は「キタキツネなんか」と不快感を示した。それはなぜか?

冒頭で触れた件だが、今年の3月、愛知県の知多半島で捕獲された野犬の糞便から、寄生虫「エキノコックス」の陽生反応が検出されたと報じられた。エキノコックスは条虫(寄生虫)で、キタキツネ(北海道に生息)や犬が主な感染源である。この虫卵が飲食物を介して人に感染し、脳、肺、肝、腎臓などに寄生して、各臓器の不全症状を引き起こす。症状が進行すれば死に至る。

今回注目すべきことは、野犬からこの寄生虫の陽性反応が検出されたことである。しかも愛知県で。キタキツネは北海道に生息するが、キタキツネと野犬とペットの犬は互いに接触する可能性が大きい。感染した犬が飼い主と共に移動したり、流通の進歩などにより、エキノコックスが全国にさらに拡散する恐れがある。

 

エキノコックス症の最大の問題点は治療法が確立されていないことである。特効薬はない。現在でも、手術でエキノコックスが寄生した臓器部分を切除する方法が一般的だ。

エキノコックスは予防が重要です。野山から帰ったら、服や靴に付着した泥を落とし、しっかり手洗いをしましょう!

北海道出身の友人がキタキツネに不快感を示した理由……それは寄生虫を怖れていたからなのである。

北海道を観光していると高い頻度で出くわすキタキツネ(photo by istock)

人気ペットランキングの4位は鳥類。前述の鳩のクリプトコッカスの他に、オウムから感染する「オウム病」という病気もある。原因菌はオウム、インコ、鳩の糞便内のクラミジア(細菌の一種)である。オウム病には抗生物質が有効だ。気になるのは、最近、オウム病による妊産婦の死亡例が相次いで報告されていることだ。オウムのトイレ掃除だけでなく、口移しで餌を与えるなど過度の接触は気をつけましょう。

人気ペットランキング7位は齧歯類(げっしるい)である。ネズミやハムスターなどが含まれる。

齧歯類でも注意点は今まで述べてきたことと同様だが、齧歯類では特に咬傷に注意したい。ハムスターに噛まれてアナフィラキシーショック(アレルギー)を起こしたケースが報告されている。噛まれた後に息苦しくなったり意識が低下したりした場合は、血圧が急激に下がってショック状態になっている恐れがある。意識の低下が見られたら、すぐに救急車を呼びましょう。