野球

上原浩治のピッチングが、野手から好かれる理由

松井秀喜の言葉を思い出す
二宮 清純 プロフィール

さて松本さんの投球間隔は、どれくらい短かったのでしょう。島谷さんの話です。

「キャッチャーが構えた時には、もう投球動作に入っていた。しかもコントロールがいいから守りやすい。そう言うと、適当に投げているように思われるかもしれないけど、彼にすれば先の先まで読んでいたんだろうね。

バッターは打ちにくかったと思うよ。考えるヒマがないことに加え、手元でシンカーやスライダーが微妙に変化する。こっちとしては最悪の場面に備え、引っ掛けた打球で三塁線だけは抜かれないように注意していた。

 

長打さえ警戒しておけば、そうそう連打はくらわなかったからね。試合時間も短いから、お客さんも喜んでくれたんじゃないかな」

島谷さんに上原のピッチングに対する感想も聞いてみました。

「ここ数年の巨人はプレーが途切れた時の空気が重いような印象があった。あれは(守っている側は)意外にしんどいんだよ。上原はそんな空気を一掃してくれるんじゃないかな。(上原が投げている時は)守っている選手たちが生き生きして見えるよね」

新生・ブルーバックス誕生!