雑誌
主要企業 200社の本音! CMに「使いたい女性」

"女王"浅田真央の連覇なるか? 
のりピーの復活はあるのか? 
綾瀬はるかは2年連続の2位。スキャンダルに無縁なことで高評価を受けている(左)
世界選手権でキム・ヨナにリベンジして、評価が再上昇。女王・浅田真央は磐石(右) 
〔PHOTO〕鬼怒川 毅(綾瀬) 中村和彦(浅田)

 本誌はこれまで「CMタレントの最新プライスリスト」など、様々な大手広告代理店作成の機密データを紹介してきたが、今回の資料は少し毛色が違う。

 クライアント―広告出稿者である企業によって作られた指標なのである。大手広告代理店社員・A氏が話す。

「4月は多くの企業で人事異動があります。広告の担当者が昇進したり、替わったりするワケです。そこで我々は挨拶回りをかねてアンケートを取るんですよ。顧客サービスの一環です。みな、ライバル企業の広告担当者の考えは知りたいからです。我々にとっても、クライアントのホンネが聞けるいい機会なんですよ」

 実施期間は1週間。いわゆる4マス(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌)に広告出稿をしているナショナルクライアント約200社が対象だ。題目はズバリ、「CMに使いたい&使いたくないタレント」。それぞれ、上位3人を挙げてもらい、1位5ポイント、2位3ポイント、3位1ポイントとして集計。あわせて、選んだ理由も聞き取り調査している。

 女性CMタレントのべスト&ワースト15を当該資料から抜き出したのが、5ページの表である(表中の金額はすべて推定)。紙幅が限られているので、さっそく中身を吟味しよう。

青田買いしたい◎タレント

「使いたい女」上位ランカーは浅田真央(19)、綾瀬はるか(25)、宮崎あおい(24)、蒼井優(24)と納得の顔ぶれ。いずれも高額ギャラを誇る売れっ子である。

昨年11位から急上昇。あとは主演ドラマが当たれば蒼井優はベスト3入りも可能(左)
ドラマに出ないことで、存在価値を高めている宮崎あおい。怖いのは離婚だけ!?(右) 
〔PHOTO〕中村和彦
相武紗季は、昨年19位から見事な巻き返し。まだまだ人気は健在

「いやいや、ランキングをよく見てください。ギャラだけでいうなら、推定1本1億円(年間契約料)でナンバー1のはずの吉永小百合(65)がベスト15漏れしている。

 出演14本以上と契約本数トップの上戸彩(24)の名前もない。いわゆるCMクイーン=使いたい、ではないんです。

  今調査で最もエポックメイキングだったのは、仲間由紀恵(30)のランクダウン。10年のながきにわたって守っていたベスト3からついに転げ落ちてしまいました。

 それでも老若男女に満遍なく支持されているのはさすが」(前出・A氏)

 マーケティング会社幹部が補足する。

ピュアといえばこの人、堀北真希。なんと不支持票ゼロという快挙

「例えば、上戸彩のCMでソフトバンク以外に印象に残っているものがありますか?  多数契約はタレント&所属事務所にとっては好ましいですが、『広告効果』があるかどうかは疑問です。

 それでも企業は人気者を使いたがるんですが、さすがに彼女は出すぎだと判断されたのでしょう。求められるのは親しみやすさ、透明感、ピュアさ。上位ランカーに共通しているのはこれらの要素ですよ」

 条件ドンピシャな浅田が今調査でV3を成し遂げたのは、必然か。

 別の広告代理店キャスティング部門に勤務するB氏は5位と13位に注目しているのだという。

ただいま売り出し中の佐々木希。若い男性から圧倒的支持が〔PHOTO〕中村和彦(以下同)

「佐々木希(22)は企業の女性担当者からまったく支持されてないんですが(使いたくない部門で31位)、今、最もお買い得な物件でしょう。

 『企業の広告担当者の声』にもありますが、まだ手垢がついてないうえ、値段も安め。コストパフォーマンスの良さがこの順位に結びついています。

  15位に入った片瀬那奈(28)も同じような状況ですね。栗山千明(25)の13位もこのアンケートならでは。彼女は企業の広告担当者の他、クリエーターら制作サイドにも人気があるんです。

 『エッジがきいてる』なんて言い方をするんですが、キャラクターが立っているんですよね。

鬼才・タランティーノが認めただけあり、制作者にウケる栗山千明

女性からはカッコよさ、男性からはクールなSっぷりが評価されています」

 CMに使いたい女の例として、代理店のキャスティング担当らがしばしば口にするのが「三井のリハウス」と宮沢りえのエピソードである。

「ピュアとか透明感が求められるという話が出たけど、究極は青田買いなんだよね。りえみたいに、"企業が発見して育てる"パターンが最高です」
(前出・マーケティング会社幹部)

 今はまだベスト15圏外ながら、関係者らが◎をつけるタレントとして19位の川島海荷(16、10代の女優ではトップ)、27位のアンジェラベイビー(21、「ワールドクラスの魅力がある」「大型タイアップCMが決定。間もなくブレイクする」との声)、28位の山下リオ(17、東京ガスとJP郵便局のCMに出演。「絶対に買い」との声)らを挙げておこう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら