Photo by Getty Images
政治政策

政権・党内も警戒…進次郎氏「小泉派」結成で親子タッグか

「信頼がないとね」
ついに、あの人が総裁選までを射程に入れて動き出したのか。小泉進次郎氏の動向に、いま永田町の注目が集まっている。そして、進次郎氏と呼応するように動き出した父・純一郎氏。いったい何が起こっているのか。3月19日発売の週刊現代が、その裏側を追っている。

実質的な「小泉派」の布石…⁉

小泉進次郎氏が発足させた若手勉強会「2020年以降の経済社会構想会議」の第2回会合が、3月14日、開かれた。

「4回生以下の議員約30人で構成される勉強会ですが、今回も二十数人の議員が集まり、2時間近い長丁場になった。なにぶん森友騒動の渦中ですからね。総裁選を見すえた実質的な『小泉派』の布石じゃないか、と見ています」(政治部デスク)

 

勉強会終了後の進次郎氏の発言が話題だ。

「自民党は官僚の皆さんだけに責任を押しつけることがない姿を見せないといけない。今回の問題は自民党だって怒んなきゃ。この1年、書き換えられたもので国会が行われてたと思えば、与党も野党も関係ないですよ」

と改ざん問題への対応を批判したかと思えば、安倍総理の悲願・憲法改正についてもこう語った。

「憲法改正は今までやったことないですからね。信頼がないとできませんよね」

政権への信頼がない以上、改正など無理と言っているようにも聞こえる。

勉強会メンバーで、会終了後の懇談会に出席した大岡敏孝代議士が言う。

「小泉さんは、今から一緒に行動してくれる議員の見極めをしているんだと思います」

その前日、進次郎を援護射撃するかのように、父・純一郎氏は、佐川宣寿前国税庁長官の人事について、安倍総理と麻生財務相を名指しで批判した。

「安倍総理も麻生財務大臣も、『適材適所の人事です』と言い切った。これには、あきれたね。判断力がどっかおかしくなっているんじゃないかと。どうしてああいう答弁ができるのか、不思議だねえ」

[写真]父・純一郎氏の思惑は…?(Photo by GettyImages)父・純一郎氏の思惑は…?(Photo by GettyImages)

2日続けて、親子での政権批判。最強の「安倍降ろし」勢力が結集しつつあるのか。このほか、自民各派が警戒感を高める「小泉派」の会合で進次郎氏が語った言葉などを、3月19日発売の週刊現代が詳しく報じている。

[写真]3月19日発売週刊現代表紙

3月19日発売の週刊現代は、このほかにも次のような切り口で社会の裏側に迫っている。
ついに別れのときが来た 安倍総理と昭恵夫人 結婚31年目の「決断」/18歳年下の愛人とともに「終活」へ 天才・ビートたけし71歳の選択/日本人の死因第2位「虚血性心不全」で突然死大特集認知症急増で塩漬け資産150兆円!あなたの家にもあるぞ 自宅の中から「埋蔵金」/スクープ積水ハウス前会長「彼らはウソをついている」/秋篠宮と小室圭さん「3月9日の夕食会」/ドキュメント甲子園に行く子は、13歳までに決まっている/独占 新川優愛!