〔PHOTO〕gettyimages
政治政策 経済・財政 政局 中国

中国「全人代大会」で見えた、習近平と李克強の「恐るべき暗闘」

「半永久政権」に反対の声も…?

李克強首相の大チョンボ

3月5日月曜日の北京時間午前9時、ベルが鳴って習近平主席がのっしのっしと、人民大会堂の「万人大礼堂」のひな壇に入ってくると、待ち受けた全国人民代表大会の2970人の代表たちが、一斉に拍手を送った。

習近平主席に続いて、静かな足取りで李克強首相が入ってきた。

今回から、全国人民代表大会の常任委員長(国会議長)となる栗戦書党常務委員(共産党序列3位)が、やや自信のなさそうな声で開幕を宣言する。

「代表2980名中、2970名が出席しており、法定人数に達しているため、開幕!」

残り10人は、病気だったり、失脚したりした者だ。

全員で起立して、国歌斉唱。中国中央テレビのカメラは、壇上中央で国歌を口ずさむ習近平主席を、アップで映し出す。

続いて、李克強首相の「5年間の政府活動報告」に移った。時間にして、1時間47分のロングスピーチである。

李首相の第一声は、「各位代表」(各界の代表の皆様)と呼びかけるものだったが、いきなり声が擦れて、調子がおかしい。ちょうど2年前のこの日の「政府活動報告」が、私の脳裏によぎった。

 

2年前はよほど体調不良だったようで、後半は汗だくになりながら、言い間違えを連続した。あげく、「鄧小平の一連の重要講話の精神を深く貫徹する」と述べた。

これは草稿では、「鄧小平」ではなく、「習近平総書記」だったのだ。そのため、演説が終了するや、習近平主席は怒りに満ちた表情で、李克強首相と挨拶を交わすこともなく、すたすたとひな壇から出て行ってしまった。

だが、「2年前の再現となるのでは」という私の懸念は、図らずも的中してしまった。演説が始まってわずか1分、草稿の2段目の段落で、李克強首相は、習近平主席の怒りを買う決定的なミスを、2回も犯してしまったのだ。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら