Photo by iStock
不正・事件・犯罪 週刊現代

殺人事件の有罪判決をひっくり返した、勇気ある裁判官の告白

「徳島ラジオ商殺し」過ちの全貌

かつて、裁判所が「冤罪」を作り出したことがあった。検察と連携し、無実の女性の人生を奪ったのだ。その有罪を覆し、再審を決めた元裁判官が初めて明かす、裁判所が犯した「過ち」の全貌――。

有罪のまま亡くなった女性

1980年代は、日本の裁判所が厳しい批判にさらされた時代であった。

「再審無罪ラッシュ」と言われるほど、死刑確定囚や重罪で獄に繋がれていた人達への無罪判決が相次いだからだ。裏を返せば、それまで無辜の民を罰し続けていたことになる。

いったい、職業裁判官は何をしているのか。こういう批判が、澎湃と沸き起こったのである。

この時期、「冤罪無罪」となった死刑囚は、「免田事件」の免田栄ほか、「財田川事件」の谷口繁義、「松山事件」の斎藤幸夫、そして「島田事件」の赤堀政夫の4人にのぼる。

彼らは、死の淵から生還するまで27~33年にわたり、死刑執行の恐怖におびえる獄中生活を強いられていた。

 

そして「夫殺し」の濡れ衣を着せられた「徳島ラジオ商事件」の冨士茂子もまた、1985年7月、逮捕から31年目にしてようやく再審裁判で無罪判決を得た。

冨士茂子は「第五次再審請求」を申し立てたのち、腎臓がんの悪化から心神喪失状態に陥ったため、親族が引き継いだ「第六次再審請求」を提出した1週間後に死去している。

その再審開始決定を受けての再審裁判で無罪判決を言い渡されたのは茂子の死亡から6年後。ようやく雪がれた「冤罪」だった。

元最高裁判事の谷口正孝は、『裁判について考える』のなかで、「冤罪」は、捜査機関の強引な見込み捜査と、その見立てに沿った自白の強要など、「捜査構造の歪みにその原因を求めるのが一般」であると述べている。

だが、こと「徳島ラジオ商事件」に限っては、事情が違っていた。

冨士茂子の「第六次再審請求審」で主任裁判官を務め、「再審開始決定書」を書いた秋山賢三(76歳)は、自宅居間のテーブルで当時の裁判資料を紐解きながら、おもむろに口を切った。

「わたしも、もう、そんなに余命があるわけじゃありませんので、洗いざらい話してみようと思っているんです。これはね、あなたにはじめて言うことだけど、この事件は、裁判官の常識では考えられない不可思議な審理が数多くなされていたんです」

新生・ブルーバックス誕生!