米国で売り出された個人用核シェルター(Photo by gettyimages)
防衛・安全保障 社会保障・雇用・労働 格差・貧困 テロ アメリカ イギリス

第三次世界大戦に本気で備える「プレッパー」たちを知っていますか

米国だけで数百万人います

米国だけで数百万人いる

今年1月17日に英国で「孤独担当大臣」が誕生したニュースは、「社会的孤立」(家族や地域との関係が希薄で、他人との交流がほとんどない状態)の問題が、日本だけでなく先進諸国でも同様に拡大していることを改めて示した。

日本では近年、孤独死のような分かりやすいケースにとどまらず、介護や育児における閉塞感やストレスの深刻化についても、その背景に家族や地域などの基礎的なコミュニティの衰退がある、といった文脈で語られることが多くなった。

ありとあらゆる場面で「自己責任論」が叫ばれる風潮に象徴されるように、「社会で生じたリスクを個人が処理しなければならない」不条理な時代へと移行するにつれて、「心の平安」を保つことを可能にする「ベース」(根拠地)となり、「シェルター」(避難所)となり得るコミュニティの必要性が高まっている。

しかしながら、現代におけるコミュニティ再生とは、政治学者の齋藤純一が述べているように、「成長によって社会的矛盾を吸収したり、緩和したりすることがほとんど望めなくなった条件のもとでのコミュニティ再生」(*1)でしかあり得ない。

しかもそれは、社会福祉や公的扶助など一律に権利が付与されている社会保障とは異なり、DIY(Do It Yourselfの略、「自分自身でやる」の意)的な創意工夫を求められる厄介な作業となるだろう。

筆者は、以上のような悩ましい現状認識を踏まえながら、家族から会社までを含む広義のコミュニティの現在と未来について、ミクロなレベルの動きに目を向けつつ模索しようと考えている。いわば「コミュニティの再検討」だ。「広義のコミュニティ」という言葉が分かりにくければ、「仲間意識に支えられた人的ネットワーク」と言い換えても良い。

論述を進めていく上で基本とするのは、自らの生活圏を外部の脅威から防衛するためには、最低限何が必要なのかを明確にするプラグマティックな視点だ。これには「プレッパー」(prepper=「備える人」の意)の行為態度が非常に参考になる。

 

「プレッパー」とは、自然災害や経済危機などで文明社会が機能しなくなるカタストロフィ(破局的な事象)に対処するため、物資の備蓄や避難訓練などに日常的に取り組んでいるサバイバリスト(生存主義者)だ。中央政府や地方政府といった公的支援を当てにすることなく、自分たちの力だけで生き延びることを信条としている。

米国だけでも数百万人のプレッパーがいるとされており、自給自足で生活するための農場と家畜を所有していたり、自宅の地下を核シェルターに改造していたりする。また防犯対策として、プロのインストラクターから銃器の取扱いや護身術を習っている例も少なくない。

彼ら・彼女らは「特別に変わった人種」という感じでは全然なく、大半の者が一般人と同じく会社員や自営業者として暮らしており、いわば〝裏の顔〟〝隠れた趣味〟といった適度なバランスを保ちながら活動している。

一見、個人や家族だけで閉じてしまっているプレッパーもいるが、実際は、その多くが他のプレッパー仲間たちと協力関係を密にし、同じ地域に住む住民たちとも連携している。

例えば、米国ミズーリ州に住む元陸軍軍人スティーヴ・ペースは、高層大気圏での核爆発によって送電網が破壊されることを懸念している。いわゆるEMP(電磁パルス)攻撃だ。

彼は、電力が失われた際の対応策について、友人や隣人と積極的に情報共有を図り、普段から良好な関係を結んでいる。非常時に通信や移動手段の提供によって地域に貢献したいと考えている。

ペースはいう。

「プレッパーのわたしを掻き立てるもの。それは家族。地域社会。自由。そして正義。備えておくことで恐れが消え、安心できるんです」

新生・ブルーバックス誕生!