Photo by Getty Images
格闘技

ボクシング「47都道府県」世界戦が一度も行われていないのは何県?

分かった人はスゴイ

いったいいくつ?

圧巻の勝利だった。

2月4日、沖縄県立武道館で行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ。王者・比嘉大吾は、挑戦者モイセス・フェンテス(メキシコ)に初回KO勝ちし、日本タイとなる15試合連続KO勝ちを記録した。軽量級とは思えぬパワフルなファイトスタイル。今後、さらなる進化が期待できそうで大いに楽しみだ。

さて、この一戦は沖縄で行われたわけだが、それは37年ぶりのこと。比嘉の師である具志堅用高のラストファイト(1981年3月8日、vs.ペドロ・フローレス、12ラウンドKO負けでWBA世界J・フライ級王座14度目の防衛に失敗)以来となる。

また、比嘉の試合は沖縄での4度目の世界戦と報じられていた。

 

具志堅vs.フローレス以前の沖縄での世界戦といえば、フリッパー上原が、王者ラファエル・オルテガ(パナマ)に挑み15ラウンド判定で敗れた試合(77年5月29日、WBA世界フェザー級タイトルマッチ)は、すぐに脳裏に浮かぶ。だが、もう一つが思い出せなかった。

調べてみると、その2年前、75年12月17日に、WBC世界J・フライ級タイトルマッチ、王者ルイス・エスタバ(ベネズエラ)vs.挑戦者・島袋武信が行われていた。この一戦が沖縄での初の世界タイトルマッチということになる。

こうなると気になることがある。

世界タイトルマッチの開催地は東京と大阪に集中しているが、47都道府県の中で、一度も行われていないところはいくつくらいあるのだろうか?
 
調べてみた。

結果は13県。

岩手、山形、新潟、群馬、長野、福井、滋賀、鳥取、島根、山口、徳島、佐賀、長崎では世界戦が行われていない(ただし、長野では女子の世界戦は行われている)。ちなみに、この中で、日本ボクシング協会加盟ジムが存在していないのは佐賀県のみである。

新生・ブルーバックス誕生!