以前はクローゼットがぎゅうぎゅうで何か所にも分けていた。写真提供/松尾たいこ
ライフ

「1年間洋服を買わないチャレンジ」が妻にもたらした劇的な変化

「できるはずない」と思っていたら…

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの妻は、角田光代の『Presents』カズオイシグロの『わたしを離さないで』などのカバー絵でも知られる、人気イラストレーターの松尾たいこさん。松尾さんの著書『クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと』は、洋服が大好きで毎日のように買っていた松尾さんが、1年間「洋服買わないチャレンジ」をして学んだことを綴った一冊だ。

アーティストであり、ファッションと密接な職業でもある松尾さんの決断は、いわば「甘いものを愛する妻が1年ケーキを封印した」「ジャニーズ追っかけだった妻がコンサートに行くのをやめた」ようなもの。そのチャレンジを、すぐ横で見ていた夫の佐々木さんは、何を感じたのだろうか。そして夫婦間になにか影響はあったのだろうか。

チャレンジ前の自宅クローゼットの「一部」。幅2メートルほどのポールを上下に付けて、洋服がぎっしり。その他、洋服棚は三つ、見開きのクローゼット、さらに足りず、窓際にも1メートルのつっぱり棒を付けていた 写真提供/松尾たいこ

そんなことできるはずない

妻の松尾たいこが「1年間洋服を買わないチャレンジ、ってのに挑戦する」と言い出した時は、「まあ単なる思いつきだよね」と私はほとんど相手にしていなかった。彼女が根気がない人だからではなく(いや、どちらかといえば根気はある人だ)、ほとんどマニアックなまでの情熱を衣服に捧げているファッショニスタが、そんなことできるはずないと思ったからだ。

 

妻との生活は長いが、出会ったころからファッションへの心酔ぶりには驚かされた。なんだかよくわからないモード系の服をたくさん持っている。広げて見せてもらっても、いったいどこに腕を通して首をどこから出すのかさえ良くわからない。そのうち「あれ、この服どう着るんだったっけ? 覚えてる?」とか悩んで聞いてくることもあり、そんなこと私に相談されても……と思った。

アン ドゥムルメステールなどのモード系の洋服が大好きで、モノトーンばかり着ていたという。写真提供/松尾たいこ

レベル高い生活への期待値が支え?

いま振り返ってみれば、私たちが暮らしはじめた2001年ごろからしばらくは、日本社会はバブリーだった。ゼロ年代と呼ばれたこの時期、「失われた10年」という長い不況がいったん落ち着き、世紀末のネットバブルの余韻もあり、「ミセスワタナベ」と言われるようになったFXなどへの個人投資も盛り上がった。

この時代のアイコンである勝間和代さんの本『年収10倍アップ勉強法 無理なく続けられる』がベストセラーになったのは、2007年だ。

だから私と妻の生活も、そういうバブリーな空気にけっこう染まっていた。広いテラスハウス、ハイブランドの高価な衣類、輸入車、星のついているグランメゾン、ビジネスクラスの飛行機と隔離的なリゾートのヴィラ。

当時住んでいた碑文谷のテラスハウス。憧れのリビングだ。写真提供/松尾たいこ

夫婦の共通の友人である40代の女性経営者が言っていたこんな言葉を思い出す。

「私たちにはエクスペクテーション(期待値)が必要なのよ。高い車に乗って、高い食事をして、高い旅行に行く。『こういう生活をこれからも続けるのだ!』という期待値と決意が、仕事への熱中を生み出す

彼女と食事をしながら、「うんうん」と夫婦そろってうなずいていた。

新メディア「現代新書」OPEN!