現代新書 哲学

あなたをアップグレードするための「12の哲学最新ワード」教えます

効果的な利他主義ってわかりますか?

新しい唯物論、OOO(トリプルオー)、フィルターバブル、効果的な利他主義……これらの最新思想をあなたはどれほど御存知だろうか? ビジネス人が時代を読み解くうえで最低限おさえておくべき思想・全12項目を、このたび哲学者の小川仁志氏がわかりやすく解説してくれた。哲学の最新キーワード12を理解すれば、仕事でも家庭でもうまくいくこと間違いなし!

ポスト・グローバル化する世界

今、私たちはどのような時代を生きているのだろうか?

「グローバル時代」という表現が人口に膾炙して久しいが、おそらくもうその時代は終焉を迎えつつあるのではないだろうか。

グローバル時代とは、国境を越えた相互依存関係によって、文字通り世界中の国が一つのglobe(地球)になった時代を指している。

しかし、アメリカの保護主義や移民制限、イギリスのEU離脱に見られるようなナショナリズム的潮流に鑑みると、私にはどうも時代が逆行しているように思えてならない。

Photo by gettyimages

では、単に時代が退行現象にあるのかというと、そうでもない。人々は、インターネットや世界的規模で信仰されている世界宗教によって、国境など気にせず本能や欲望のままにつながり合おうとしているのだから。

その意味で、そうした混沌とした新しい世界状況を、「ポスト・グローバル化」と呼ぶことができるかもしれない。

それでは、このポスト・グローバル化する世界で、いったい何が起こりつつあるのか?

もう少し詳しく見ていくと、時代を規定する新しい物差しが浮かび上がってくる。大きく分けて、四つの新しい現象が世界規模で生起しつつあるように思われるのだ。

理性主義が揺らぎを見せている

一つ目は、ポスト真実や反知性主義といった言葉に象徴されるような、あるいは再魔術化と呼ばれる世界宗教の隆盛に見られるような、情緒的な決定が世界を動かす状況である。

その意味では、ここにアートの社会的重要性が増している現象を加えてもいいだろう。一言でいうと、感情の台頭とでも形容することができようか。

二つ目は、哲学の世界で起こっている地殻変動である。哲学の世界では、ここ10年ほどの間に、まったく新しい潮流が生じている。思弁的実在論やOOO(Object-Oriented Ontology:オブジェクト志向存在論)に代表されるような思弁的転回(speculative turn)のことである。

これに新しい唯物論も加えてその特徴を描写するなら、理性を必ずしも重視しない、いわばモノ主体の世界観ということができるだろう。

哲学の世界の変化など取るに足らない、などと思わないでいただきたい。もちろん私の専門が哲学であることも、この新しい動きに注目する理由ではあるのだが、決してそれだけではない。

古代ギリシアで哲学が誕生して以来、特に西洋社会では、あらゆる学問や制度の背景に常に哲学があったのである。こうした思弁的転回という視点も合わせて考えると、いま脱理性時代ともいうべき段階に入りつつあることがわかるだろう。

つまり、感情やモノといった理性とは対極にある要素が台頭してきたことで、西洋哲学の誕生以来不動の地位を占めてきた理性主義が、ついに揺らぎを見せているのだ。

 

そして三つ目の現象として、テクノロジーの発達が、その脱理性主義に拍車をかけているといっていいだろう。AI(人工知能)やインターネットの発達、また監視のためのテクノロジー等に反比例するかのように、人間の理性が存在感を薄めつつあるのだ。

その点では、四つ目の現象である共同性の拡大も、脱理性主義という枠組みの中で説明可能だろう。個人を主体に構築されてきたシステムが限界を迎え、今、様々な形での共同を志向し始めている。

連帯のための思想といわれるプラグマティズムの隆盛、世界中に広がりつつあるシェアリング・エコノミーという発想は、まさにその典型だといえる。自分だけでなく他者をも幸福にするための思想、効果的な利他主義もその一つだ。

新生・ブルーバックス誕生!