Photo by iStock
メディア・マスコミ 週刊現代

『池の水ぜんぶ抜く』プロデューサーが語る番組づくりの極意

「失敗上等です」

池の水ぜんぶ抜く

「テレビがつまらなくなった」と言われる昨今にあって、池の水を抜くだけの番組が異例の人気となっている。番組を手がけた伊藤隆行プロデューサーにその内幕を聞いた。

おかげさまで、『池の水ぜんぶ抜く』は、第6弾まで放送され、これまで合計で21の池の水を抜いてきました。いまも各地の自治体から「うちの池の水も抜いてほしい」という手紙が続々と届いている状態です。

まさか、ここまで人気になるなんて予想もしていませんでした。いまだに番組が当たったという実感すらありません。

『池の水』のヒットに対して、さまざまな方からありがたい言葉をかけてもらうのですが、「もう忘れました」と言っています。あえて成功体験は忘れて、毎回リセットしているんです。成功のフォーマットを作ってしまうと、それに固執して新しいことができなくなりますから。

『池の水』のもともとのアイデアは、スタッフと話し合う中で生まれました。知られざる仕事の裏側というテーマで企画ができないかと。そこで「かい掘り」という、池の水を抜いて底をきれいにする作業のことが話題に上がったんです。

その少し前に、池の中を警察が捜索するニュース映像を見ながら、「池の水をぜんぶ抜いちゃえばわかるのに」って考えてたんですよね。

その記憶が、かい掘りとつながって、池の水を抜いて何かでてきたら面白そうだなと。すぐに「これで2時間番組やらない?」とスタッフに相談しました。

 

「よく企画が通ったね」と言われますが、日曜日の夜8時台は『イッテQ!』(日本テレビ)に「大河ドラマ」(NHK)と激戦区のため、他局と同じことをやっていても勝てません。だから「いままでにないもの」をやろうと考えたのです。

とはいえ、会議に提出すると、最初は上層部に「『面白そう』だけで番組を作られたら困るよ」、「これで2時間持つのかね」と難色を示されました。

確かに、ふざけたような企画ですが、僕は成功する予感があって企画を出しているわけで、否定されても簡単には納得できない。

そこで上層部の人に直接会って、みながいる前で「どうしたら実現できるのか」と聞いたのです。そうこうするうち、タイトルを変えることで話がつきました。

新生・ブルーバックス誕生!