Photo by iStock
医療・健康・食 ライフ

日本人の「死に方」はなぜこんなにも窮屈なのか

安楽死を巡る個人的な見解

評論家・西部邁氏(享年78)が、自ら人生に終止符を打った。「自裁死」、その響きは一見、美しい。だが、多摩川に入水するという行為はあまりに凄絶だ。同氏の真意は分からないが、一般論として日本の高齢者の「死に方」は、限られている。

一昨年、橋田壽賀子氏(92)が「安楽死で逝きたい」と公言したのも、死を巡る議論の閉鎖性に、風穴を開けようとした狙いもあるという。世界六カ国で安楽死の「現場」を訊ね、このほど『安楽死を巡るまで』を上梓した宮下洋一氏と、自らの母を看取った経験を持ち、終末期医療にも精通する元厚労大臣の舛添要一氏。日本人の死に方を巡って、1月20日、B&B下北沢店にて二人が議論を交わした。(撮影・吉澤直哉)

“安楽死”は答えが出せないテーマ

舛添 宮下さんの本(『安楽死を遂げるまで』)を読んでいて、死にまつわる議論に正解がないことを改めて感じました。実は私自身も、理想の死について考えさせられたことがあるんです。

私は、母が2000年に86歳でなくなるまで、毎週末、北九州の自宅に帰って、介護していました。痴呆症に加え、段々と体も弱ってきていましたから、お医者さんも「お葬式の準備をしてください」と言う。でも、意識が失われていても人工呼吸器をつけていれば、永遠にといえば語弊はあるかもしれませんが、いくらでも死期を延ばせるわけです。

でも、一日死を先に延ばすだけで、完全回復するわけではない。歳も90近い。本人も苦しんでいます。これは楽にさせてあげたほうが親孝行ではないか、と思うんですよ。瞳孔が開きかかっていて、もう限界というところで、お医者さんと相談して、人工呼吸器のスイッチを止めてもらいました。

自分の親ですから、一秒でも長く生かしてやりたいけど、一秒生かすことが、彼女の苦痛を延ばすことでもある。ここに正解はない。

宮下 そうですね、「死に方」は国によって違うし、もちろん人によっても違う。この本を書くにあたって、スイス、オランダ、ベルギー、アメリカ、日本といった国々を訪れ、時には安楽死の「瞬間」にも立ち会ってきました。

スイス、オランダ、ベルギーは安楽死先進国と呼んでもいいぐらい、終末期医療の一つとして安楽死が定着しています。スイスでは自国民以外の外国人の安楽死が認められているし、オランダでは、全死亡者の4%(約6000人)が安楽死で亡くなっています。ベルギーでは、精神疾患者も安楽死を選ぶことができます。

当初は、第三者である医師が患者を絶命させることに抵抗がありました。これらの国を回って、関係者を取材していると、患者は「最期」を自ら選べることに安堵し、安楽死の決行日前日も穏やかな表情を浮かべている。

遺族も本人が熟慮した末の決断ということで、それを尊重しています。これは文化の違いなんでしょうが、「個人の意思」がなにより重視されるのがこうした国々なんです。

 

舛添 欧州の「個人主義」は、キリスト教の影響も大きいでしょう。とくにオランダやスイスは、個人の権利を尊ぶプロテスタントが強い。伝統的な家族関係を重視するカトリックの国、具体的には、フランスやイタリア、ポルトガル、スペインでは安楽死には、根強い反対があるそうですね。

宮下洋一氏(左)と舛添要一氏

宮下 そうなんです。欧州といっても、宗教や歴史によって、様々な死生観があるわけなんですが、スイスやオランダといった安楽死容認国を取材して、彼らの「論理」のようなものは、頭では理解できた。この時点では、死の選択肢の一つとして「安楽死」もありなのかもしれないと思っていたんです。

そのあと、アメリカに向かったんです。アメリカは多民族国家です。いろんな価値観が入り交じっているなか、オレゴンやコロラド、カリフォルニア州など5州では、安楽死が認められています。

そこで、17年前に肛門に癌が見つかった71歳のおばあちゃんを取材しました。彼女は癌が見つかったことで、一度は安楽死を決意したんですけれども、放射線医の医師が粘り強く説得して、治療に向かわせた。すると、化学療法や放射線療法で完治してしまった。彼女が私の前で言いました。「グレイト・トゥービー・アライブ(生きていて良かった!)」と。

どうして彼女が安楽死を選ぼうとしたかというと、病の深刻さに加え、家庭状況(家族仲がいいとはいえなかった)ものもあったんでしょうけど、究極をいえば彼女が住んでいたオレゴン州が安楽死を法律で認めていたからですよ。法制化することの危険性をここでは考えさせられました。

脚本家・橋田壽賀子さんが「私は安楽死で逝きたい」という問題提起をして以降、法律で安楽死を認めるべきだという声が一部では聞こえてきます。でも自ら死ぬということは、取り返しのつかない行為です。アメリカの彼女のような例を取材してしまうと、即座に安楽死の賛否を答えられなくなりました。

舛添 宮下さんが本で書かれているアメリカの女性のようなケースもあれば、これ以上生きるのは本人もつらいし、周囲から見ても酷だというケースもあるかもしれません。

新生・ブルーバックス誕生!